お出かけ・イベント

浦安花火大会2017の穴場や有料席チケット!屋台や交通規制、駐車場や場所取りについても紹介!

浦安花火大会は毎年15万人以上もの人が訪れ、千葉県の浦安市で行われる人気の花火大会です。

テーマに合わせて、BGMとアナウンスとともに打ち上げられる花火は、音と光の美しいコラボレーションは見ものです。

浦安花火大会2017の穴場情報や交通規制・駐車場情報、有料席チケットや入手情報、場所取りや屋台情報など、ご紹介します。

 

スポンサードリンク


浦安花火大会2017の開催時間・場所など基本情報

浦安花火大会2017の開催に関する基本情報をご紹介します。

2017年の内容がまだ発表されていませんので、昨年の内容をご紹介します。参考にしてください。

開催日

7月下旬予定。

昨年は7月30日土曜日に開催されましたので、今年も7月29日土曜日あたりが開催予定とされます。

時間

19時30分~20時30分

場所

千葉県浦安市・浦安市総合公園前海上

アクセス

JR新浦安駅から徒歩で約25分。

JR新浦安駅・東京メトロ浦安駅から無料のシャトルバスが運行予定です。

・花火打ち上げ数=約6,500発

・荒天の場合=荒天時は中止となります。

浦安花火大会2017の有料席チケット&入手情報

浦安花火大会の有料席チケットの内容

一般向けの有料席は「ベイサイド席」とされていて、S・A・B・C席と準備されていて、打ち上げ場所から近い順に有料席チケットの料金が変わっています。

2017年の有料席チケットについては正式発表がまだなので、昨年の内容をご紹介します。

・有料席チケット ベイサイドS席(パイプ椅子1名)

前売り2,000円、当日料金2,300円

・有料席チケット ベイサイドA席(パイプ椅子1名)

前売り1,500円、当日料金1,800円

・有料席チケット ベイサイドB席(1名)

500円

・有料席チケット ベイサイドC席(1名)

500円

・有料席チケット グループエリア(最大5名まで・ブルーシート持参)

前売り5,000円、当日料金5,500円

このほか、浦安市民向けの席も準備されるそうです。

・浦安市民向け応援席

500円

浦安花火大会の有料席チケットの入手方法

各コンビニのチケットカウンターやプレイガイドで取り扱います。

・ローソンチケット・セブンチケット・Famiポート・チケットぴあ・CNプレイガイド など。

昨年は、有料席が新設され、席数が増やされましたが、観客から不評の声が多く値段が下げられた、ということがあったそうです。

2017年は、主催者のホームページなど事前にチェックしておきましょう。

 

スポンサードリンク


浦安花火大会2017の駐車場&交通規制は?

浦安花火大会の駐車場と交通規制についてご紹介します。

浦安花火大会では当日、会場周辺において、17時~21時30分ごろにかけて交通規制が行われます。

一般車両は通行が禁止され、周辺の駐車場も閉鎖されてしまうため利用ができません。浦安花火大会の特設駐車場もありません。

シャトルバスは、開催時間中は混雑が必至です。

タクシーも利用はできますが、会場周辺が混雑し、交通規制の対象になる可能性もあり、利用はあまりおすすめできません。

公共交通機関の利用をおすすめします。またシャトルバスも22時で運行が終了しますので、早めの行動をおすすめします。

混雑覚悟でも、車で行きたいという方は、当日の交通規制実施エリア外の、

・三井リパーク猫実1丁目駐車場

・新浦安モナ駐車場

・ナビパーク浦安富岡第一駐車場

などを利用するのがいいでしょう

。打ち上げ会場からは2キロ~離れてしまいますが、こちらなどが隣接する有料駐車場となります。

詳しくは、周辺地図で確認してみてください。

 

浦安花火大会2017の屋台情報

浦安花火大会の屋台情報についてご紹介します。

屋台が出る場所は、浦安市総合公園の防風林沿いのエリアと、浦安市青少年交流活動センターうら・らめーるの周辺エリアが予定されています。

屋台の出店時間はおおよそ、16時~21時ぐらいまでです。

焼きそば、お好み焼き、カラ揚げ、フランクフルト、かき氷、わたあめ、りんご飴などなど定番の屋台が多く出店します。

花火の前と、打ち上げ後は大変混雑するので、時間をずらして利用することをおすすめします。

 

スポンサードリンク


浦安花火大会2017の穴場&場所取りは?

浦安花火大会の穴場と場所取りについてご紹介します。

高洲海浜公園

会場以外のスポットとしては最もきれいに花火が見える穴場です。

打ち上げ場所からも近く迫力ある花火が楽しめます。

場所取りは、夕方の早い時間帯から行わないと、結構混み合う穴場なので、早めに行う必要があります。

高洲中央公園

打ち上げ場所からは少し離れてしまいますが、比較的に空いていて、ゆったりと花火が楽しめる穴場スポットです。

場所によっては花火が見えづらくなるので、場所取りは早い時間から行いましょう。

パームテラスホテル

打ち上げ会場から近く、きれいに花火が楽しめる穴場スポットです。

ここは交通規制区域内のエリアなので、混雑しやすく、場所取りも早めに行いましょう。

境川沿い

ここは、高層マンションなどが立ち並んでいて、場所によっては見づらくなることもありますが、早めに場所取りをして、花火が良く見えるポイントを確保すれば、きれいな花火が楽しめる穴場です。

まとめ

浦安花火大会2017について、いろいろとご紹介しました。

海上から打ち上げられるので、花火の美しさと迫力が堪能できる花火大会です。

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 白毫寺の九尺藤! 2017年の見頃と開花情報!ライトアップや駐車…
  2. 北國花火大会2017金沢大会の日程や穴場、チケット!交通規制やシ…
  3. プリキュア映画 2017年春!前売り券と上映期間はいつまでなのか…
  4. 世田谷パン祭り2017の場所や混雑、人気のおすすめを紹介!
  5. 東京タワーイルミネーション2016冬!クリスマスの期間の点灯時間…
  6. 熊野大花火大会2017の有料席や渋滞情報!穴場の場所取りや駐車場…
  7. 上湧別チューリップ公園2017の見頃と開花情報!入園料や営業時間…
  8. 節分の豆まきイベント2017!東京、神奈川、埼玉で芸能人に会おう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP