ライフスタイル

ネットの占いは当たらないと悩みの解決に限界を感じているあなたへ

こちらのページをご覧いただきありがとうございます。

この記事にたどり着いたということは、何かしら占いで悩みを解決しようとされている方だと思います。

ネット占いは当たるのかと限界を感じているかもしれません。

何か深い悩みをお持ちであると推察します。

  • 人間関係のこと
  • 家族のこと
  • 仕事や勉強のこと
  • お金のこと
  • 健康のこと
  • などなど

私も日々や悩んでいますからその気持ちわかります(苦笑)

しかし、です。

フランスの思想家であるパスカルの「人間は考える葦である」という言葉をご存知でしょうか?

人間は一人一人は弱いものだけれど考えることができるということが偉大であり尊厳があるとしたものです。

つまり考えること(もちろん悩むことも含みますが)は崇高なことなので自分を卑下する必要はありません。

そうは行っても時間は有限ですのでいつまでも悩んでいる暇はありませんよね。

なるべく早く答えを出して解決しなければならない場合もあるでしょう。

ネット上の占いだけでは限界を感じているあなたにメッセージを送らせていただこうと思い筆を走らせています。

かなりの方が「悩みが解決した!」という方法も紹介しています。

あなたの悩みが解決して思い通りの未来が来た時のことを想像してみてください。

とてもスッキリした気持ちになれるはずです。

どうか最後まで読み進めていただけいると幸いです。

そもそもネットの占いが当たるのか?

ネットでよく見る占いが当たるのかと疑問に感じているかもしれませんのでそのあたりから解説していきます。

基本的に占いは過去の統計データを元に考えだされている場合が多いです。

さらに心理学、行動学、統計学、気象学、天文学などが基礎となっている場合もあります。

ネット上の占い、特に無料のものは、誰もが自由に見ることができます。

それなりに具体的に書いてはいますが、万人に当てはまる内容にすることはまず不可能なのはご理解いただけますよね。

例えば、同じ生年月日の人はざっと計算しても日本中に300〜400人はいます。

この人数が全く同じ性格なはずはありませんよね?

この方達があるネット占いをみても当たっている方もいれば当たっていない方もいて当然なのです。

自分一人で解決できない場合の対策

あなたが悩みを自分で解決できるなら何の問題もないと思います。

そもそもこの記事を読んでいないかもしれません(苦笑)

では1人で悩みを解決できない場合はどうしたらよいでしょうか?

そうです人に相談すればいいのです。

しかし、だれにでも相談すればよいというわけではありません。

では、親友などいつも親身になって話を聞いてくれる友人はどうでしょうか?

何でも話せる友人の1人や2人いるかもしれません。

そういう人がいればあなたに良いアドバイスをしてくれるでしょう。

しかしその場合にも注意しなければならないことがあります。

あなたにとって良いアドバイスになるようにバイアスがかかりやすいということです。

いつも親しくしている友人ですから、あなたが悩んでいる内容についてもあなたと同じような方向に考えがちなのです。

また、もう一点気をつけなければならないことが・・

それは「情報漏洩」です。

情報漏洩は大げさですがあなたのそばにもいませんか、あまり他人には話をして欲しくないことでもあまり気にせず話をしてしまう人が。

こういった人に話をしてしまうと、後処理が面倒なことになったりして「相談しなければよかった・・」なんてことになってしまうこともあります。

ではどういう人に相談をすれば良いのでしょうか?

私のオススメは、バイアスがかからず意見が言える人、つまりその道について経験が豊富で客観的な意見を持つことができる第三者がベストだと考えます。

バイアスがかかっていないということが何よりも大切です。

悩んでいたり物事を深く考えているときは、一つの思考に陥りがちです。

またあなたのことを深く知っていればいるほどあなたに情が入ってしまいがちです。

自分ではこれが正しいと考えていたつもりでも、他人から見ると間違っていることが多々あります。

こういう結果にならないためにもなんの偏見も持っていないその状況を客観的に見ることができる人が良いのです。

そして客観的に見ることができる人でその状況判断において経験豊富であればなおさら良い結論を導くことができますよね?

第三者をどうやって探したら良いのか?

そんな都合の良い人が周りにいれば良いですが、なかなかいないのが現実です。

しかしそういった相談事に相性が良いのが実は占い師なのです。

占い師は先ほど述べたように人間の行動学、心理学、統計学なども考慮して事案を判断します。

人がどのように考えどのように行動するのかを常に勉強しています。

心理学とも似ていますか、占い師の方がもっと色々な状況をカバーしているでしょう。

ただそうはいっても、どんな占い師でもいいというわけではありません。

占い師といってもピンからキリまで。

ここでどうやって選べば良いのかという問題が出てきます。

どんな占い師(占い師が所属する会社)が良いのか

どんな占い師を選べば良いのかという判断はなかなか難しいですが、私が経験上良いなと感じた基準をお伝えしたいと思います。

①長期運営されていて占い師の数が多い会社に所属している

やはり流行り廃りが激しいのがこの占いの世界。

その中でも長期運営されているというだけでその会社の信頼性が高まります。

そして、所属する占い師が多いということは、占い師同士も切磋琢磨しなければならない環境であることを意味します。

②人気がある

当然のことかもしれませんが、人気があるということはそれなりに選ばれる理由があります。

相談者の悩みに親身に向き合って得られた結果だと思います。

③いつでも直接話すことができる

新宿の母のようにその場に行かなければならないのでは遠方に住んでいる方では容易ではありません。

またネット占いやメールでの問答などでは相談者の微妙なニュアンスが伝わりにくことがあります。

電話やスカイプなど直接声を合わせて話ができる環境が良いです。

実は対面では緊張してうまく話ができなかったりするので、電話の方が想いを伝えやすかったりします。

④料金体系が明瞭かつそれなりに値段がかかる

どのくらい料金がかかるのかがあらかじめわからないと悩みを聞いてもらっている間もお金のことが気になって集中できない場合があります。また、値段設定が高いと相談者も避けがちですが、相手も人間ですので料金に見合った知識や経験があるはずです。(それがなければぼったくりです・・)

あなたの人生がかかっているかもしれない悩みを解決してくれる相手なのですから、それなりの占い師を選びましょう。

⑤サービス体制がしっかりしている

これも意外と大事なのですが、悩みを相談しようと思って電話したのに営業時間外だった・・なんてことがありがちです。

コールセンターのサービス体制についてもしっかり確認しておきましょう。

上記5つを満たしている占い師にお願いできれば問題ないと思います。

それを満たしていると私が推奨できるのがこちら。



ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、電話占いのヴェルニさんです。

こちらは、2004年創業から10年以上も第一線で営業しています。

会員数・所属占い師数ともにトップレベル。

そして、こちらのすごところが占い師の合格率がわずか3%という狭き門なのです。

つまり、ヴェルニさんに所属しているだけでかなりハイレベルな占い師ということになります。

そこから切磋琢磨しているわけですから質は保証されていますよね。

また、値段設定こそそれほど安いわけではありませんが、鑑定料金も占い師ごとに明確に設定されているので、どの占い師にどれだけ相談するとどのくらいの料金になるのかがあらかじめ把握できます。

サービス体制についても9:00〜29:00まで電話・メール対応していて充実しています。

上記の理由からヴェルニさんをオススメします。

他の会社も色々とあるのですが、調べてみるとわかりますが結局ヴェルニさんに戻ってくると思います(苦笑)

こちらならどんな悩みに対しても必ずあなたとの相性のあう占い師がいると思いますよ。

ちなみに、登録は無料ですし、メールアドレスだけで名前を名乗る必要もありません。

秘匿性も保たれますので安心して相談してみてください。



まとめ

ネット占いは当たらないと限界を感じている方に向けて書いてきました。

本文で書いたように客観的に公平な意見を言ってもらえる環境が大切です。

今回はヴェルニさんを紹介しましたが、他の方法でもあなたの悩みが解決できるのであればそれでも問題ないです。

あなたの悩みが解決して幸せな未来が訪れることを祈っております。

長文を読んでいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 神棚の正月飾りの飾り方を画像や写真で紹介!もち、お札、お供え物な…
  2. 窓ガラスの掃除!かじえもんの簡単な方法を紹介!
  3. 指原莉乃の二重あごも解消!この差って何ですか 耳の位置がポイント…
  4. 焼肉で下痢、嘔吐、腹痛になる原因と対策はこれ!
  5. 喪中の寒中見舞い 上司への例文や友達への文例を紹介!
  6. もののけ姫 キャラクターの名前や声優一覧  子供とジブリの世界を…
  7. マルイのセール2017の時期は?春、夏、秋、冬、期間はいつまでな…
  8. 初詣はいつまでにいけばいいの?関東・関西の違いはあるのか紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP