育児・子育て

ADHDの診断テストの幼児向け!どんな病院に行けばいいの?

幼児のADHD、もしかしてわが子も…

最近ADHDという言葉をよく耳にしませんか?

CMやテレビ、雑誌でも取り上げられることが多いので、1度は耳にしたことがあると思います。

大人のADHDと言われるように、大人になってから「自分はADHDだったのか!」と気づく人も年々多くなってきているとか。

・どのような症状がADHDなの?
・どうやって診断するの?
・ADHDってどこの病院で診てもらえるの?

などなど、ADHDについて、皆さん知らないことばかりだと思うんです。

なので今回、ADHDの症状や見てもらえる病院、診断やテストなど、幼児のADHDについてご紹介します。




ADHDって何?どんな症状が出るの?

そもそもADHDってどんな病気なの?
まずはこちらから^^

ADHDは発達障害の一つで、「注意欠如多動性障害」と言います。

多くは幼児の頃(1~5歳)に発見されることが多いのですが、近ねん大人になってからADHDだとわかる人も多いよう。

症状は主に3つ。

① 多動性衝動性優越型

多動、衝動の症状が強く出るタイプ。

「無意識に体が動くが、それを抑えられない」
「おしゃべりをコントロールできない」

と言うような、多動が目立ちます。

・一方的に話す
・話し出すと止まらない
・落ち着きがなく、授業中座っていられない
・気に障ることがあれば乱暴になる
・順番が待つのが難しい
・1番じゃないとだめ
・質問が終わらないうちに答えてしまう
・加減が分からず、過激になってしまう。

② 不注意優越型

不注意の症状が強く出るタイプ。

「忘れっぽく、よくものを失くす」
「集中力が持続しない」
「周りに気を取られてしまう」

が核になっています。

・好きな事には集中しすぎ、それ以外には集中できない
・繰り返すことが苦手
・音や音楽に敏感に反応する
・注意が長続きしない
・課題などの大切なものを失くす、忘れる
・物事を順序だてて行うのが苦手

③ 混合型

① と②の症状が混ざって強く出るタイプ。

・人によってどちらが強く出るのか分からない
・失くしものや、忘れ物が多く、じっとしていられない
・ルールを守ることが苦手で順番を守れない
・大声を出したり、衝動的な行動にでる

3つの症状はこんな感じです。

お子さんに当てはまる項目はありましたか?

幼児の頃は、育っていく段階で「症状」ではなく「成長過程」として現れることもあるので、症状があるからと言ってADHDとは限らないのところがこの病気の難しいところですね。



スポンサーリンク

迷ったらテストしてみましょう!ADHDのセルフ診断

ADHDにはこのような症状があるよ、と紹介しましたが、紹介した症状に当てはまる節があり「うちの子、ADHDかもしれない…」と焦ったママはいませんでしたか?

大丈夫ですよ!

実はネットで、ADHDの診断が出来るんです^^!

簡単なテストや、質問に答えるだけで診断ができるサイトをいくつか紹介しますね。

内容としては、上記の症状について言い回しを変えたり、もう少し細分化したようなものになっています。

心配になった方は、試しにセルフ診断をやってみましょう!

■ADHD navi■
http://www.adhd-navi.net/adhd/check/index.html
■親と子のためのADHD■
https://adhd.co.jp/kodomo/selfcheck/index_g.html

ネット上でも簡単に診断できるので、病院に行くときに役立ちます!

テストを受けることで安心もできるので、「もしかして…」と不安にななったママはやってもいいと思いますよ^^

病院はどこがいいのかしら?ADHDを疑ったら何科?

セルフ診断でADHDだと診断されたら、病院に行くと思いますが、さて、どの病院に行けばいいのか…。

ADHDは専門医の診断が大事になります。

大きな括りとしては、「精神科」ということになりますが、最近は精神科といってもかなり細分化されてきています。

その中でも発達障害という分野が確立されており、ADHDはその分野とされることが多いです。

大学病院や総合病院など比較的大きな施設では、専門の科としての呼び名は「小児神経科」と「児童精神科」などがありますが、ADHDと診断される子供が年々増加していることから、「発達クリニック」や「子供のメンタルクリニック」のような個人病院もあります。

近くに専門の病院がないということもあると思いますが、そんな時は、住んでいる地域の「保健センター」、「児童相談所」、「発達障害支援センター」などで相談するのがおすすめですよ!

幼児のADHDは早期発見が大事!

幼児のADHDは早めに発見できれば出来るほど、症状にあったアプローチが出来ます。
子供の、日常の何気ない言動を注意してみることが大切になってきますね。
気になったらセルフ診断や、相談をして早めに対処していきましょう!



スポンサーリンク

関連記事

  1. 塙元輝 怪我で高校の柔道がスタート 川村杯やカデ選手権の結果を報…
  2. 新生児の白目が黄色いけどいつまで続くの?病気じゃないの?
  3. 大家族 谷口家の母 谷口史子が深イイ話に登場 トップアスリートの…
  4. 赤ちゃんが痙攣!睡眠中や授乳中に足や手がピクピク!救急車を呼ぶべ…
  5. 赤ちゃんの視力の見え方や異常について!検査はいつからできるの?
  6. 塙元輝のインターハイ出場で本人だけでなくパパとママも成長できた理…
  7. 沐浴のタイミングは寝てるとき?ミルクの食後や空腹時はどうなの?
  8. 授乳中に寿司やチョコレートが食べたいけどダメなの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP