育児・子育て

保育園へ年賀状!宛名や文面、コメントの書き方を紹介!

年末の行事の準備に忙しくなる時期になりました。年賀状の準備はされましたか?

仕事や家族関係は毎年恒例ですが、保育園にもだしたいですよね。

いつもお世話になっている先生方に年賀状を出したい場合、来年度から保育園に通わせる場合は、どんなコメントを添えればいいでしょう。

文面は?宛名は?書き方に疑問がでてきますね。今回は「保育園への年賀状」の書き方について調べてみました。参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク



保育園への年賀状 宛名の書き方

幼稚園の場合冬休みが長期間あるので、先生方とも会う機会がないことから、年賀状を出される方が多いようです。

保育園の場合、お正月三が日も仕事で預ける方もいたりで、年賀状を出す人はバラバラです。

ママ友や保育園に通う先輩ママなどに聞いて決めるといいでしょう。

宛名の書き方は、保育園全体に出すのであれば「〇〇保育園職員御一同様」がよいです。

担任の先生に出したい場合、親しければ、家の住所をきいてみるのもいいですね。園に出す場合は「〇〇保育園〇〇組〇〇先生」と書きましょう。担任の先生が2人以上いらっしゃる場合には、主の先生を初めに書いて、連名で他の先生の名前を書きましょう。

保育園にこれから通わせる人は、クラスや担任は不明ですので、「〇〇保育園職員御一同様」で大丈夫です。園長先生と他の先生方と分けて書きたい場合には、「〇〇保育園〇〇園長先生」の横に「職員御一同様」を書くと良いでしょう。

 

スポンサードリンク



保育園への年賀状 文面の書き方

子供がいらっしゃる家庭では、子供の写真付き年賀状を用意される方も多いと思います。

保育園に通園している場合や担任の先生宛に書く場合は、子供の写真付き年賀状の方が元気な姿が見れていいですね。そこにはコメントを添えるようにするほうがよりよいでしょう。

これから通わせる場合の文面ですが、知らない先生方へ宛てるのですから、くだけた感じでもないし、決まった文章でも堅苦しいしと悩むことと思います。

丁寧な言葉で新年の挨拶を述べた後、来年度から通わせること、お世話になることを文面にするとよいでしょう。子供の写真付き年賀状でも、来年度から通う子供の雰囲気が伝えられていいかもしれません。

例)

新年明けましておめでとうございます

来年度から〇〇保育園に通園することになりした

初めての集団生活で緊張していますが先生方に助けてもらいながら楽しく過ごしていけたらと思っております

これからどうぞよろしくお願いいたします

保育園への年賀状 コメント

保育園に通園している場合、他のクラスの先生も子供と遊んでくれています。

親も保育園に迎えに行くと、必ず声をかけていただきます。先生によっては日中のエピソードを教えてくださる方もいます。

そのため、「〇〇保育園職員御一同様」と年賀状わ出した場合でも子供に一筆?書かせるのもいいかもしれません。

ぐるぐるでグチャグチャになってもそこはご愛嬌。保育園の先生に子供が嫌な方はいないと思いますし、子供からのコメントもあるようで微笑ましく感じいただけると思います。

後は親からも「いつもありがとうございます」や「寒いので気をつけてください」などのコメントを一言添えるとを、普段の感謝の気持ちも伝わります。

これから通園する場合も、コメントをつけるといいですね。

「来年度からお世話になりますのでよろしくお願いします」や「子供が通うのを楽しみにしています」など、かならずコメントをそえるようにすると、印刷だけの年賀状よりもより親しみが湧きますます。

 

スポンサードリンク







まとめ

年賀状は新年の挨拶、普段の気持ちやお礼を伝える良い機会です。

保育園に書くには少し構えてしまいがちですが、日頃の感謝やこれからの挨拶を文面やコメントに添えて、保育園との良い関係作りの機会にしてみてください。

 

【関連記事】

保育園への年賀状!とりを手作りで!子供と一緒に描いてみよう!

関連記事

  1. 赤ちゃんの予防接種スケジュールの計算例をわかりやすく紹介!
  2. 恵俊彰の長男の大学どこなのかと話題に 子供の学校は超一流だった!…
  3. クリスマススープのレシピ!人気で簡単、子供が大好きなレシピ5選!…
  4. 二人目のつわり中は上の子の世話や食事はどうしたらいいの?
  5. 塙元輝 怪我で高校の柔道がスタート 川村杯やカデ選手権の結果を報…
  6. 伊奈めぐみの旦那と息子 漫画家の家族がシュールすぎると話題に【深…
  7. 保育園への年賀状!とりを手作りで!子供と一緒に描いてみよう!
  8. はじめてのおつかい 2016 7月18日はタカトシ・トシの子供が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP