お出かけ・イベント

那須高原の紅葉2017年の見頃の時期は?渋滞や混雑情報も!ロープウェイやドライブを楽しもう!

紅葉の見どころは日本全国数々ありますが、火山の噴煙とロープウェイのゴンドラからの雄大な紅葉の風景が見られるスポットがあるのをご存知でしょうか?

今年の秋の紅葉はぜひそんなスポットにしてみませんか!

首都圏からとても近く、高原の空気が爽やかな栃木県那須高原で紅葉狩りはいかがでしょうか。

今回は、那須高原紅葉2017の情報についてお伝えします。

スポンサードリンク


那須高原の紅葉の見どころ

那須高原紅葉、2017年の見どころは、茶臼岳を中心とするいわゆる「那須五峰」の麓に広がる高原で、関東からとても近い紅葉スポットとして美しい紅葉の風景が展開します。

那須高原紅葉2017年の特に大きな見どころと言えるのが、那須ロープウェイからの眺めで、茶臼岳の9合目から那須高原に広がる広大な紅葉の風景を楽しめる、貴重な紅葉スポットです。

那須高原マップ

那須高原の紅葉2017年の見頃の時期は?

那須高原紅葉2017年は、10月上旬から10月下旬にかけて見頃の時期となります。

標高の高い那須岳では9月下旬から紅葉が色づき始め、那須岳の麓の辺りは少し遅れて見頃の時期が始まるので、見頃の時期が場所によって段階的に高い所から低い所へと移っていきます。

前述の茶臼岳のロープウェイからの眺めに加えて、茶臼岳山頂からの眺め、本州でも最大クラスの長さを誇るもみじ台大吊橋や、パワースポットとしても知られる那須温泉神社など、紅葉の見頃の時期には紅葉狩りの他にも色々楽しめるスポットが点在します。

そして、那須高原と言えば温泉も有名です。

紅葉の見頃の時期には、温泉も楽しんでみてはいかがでしょうか!

スポンサードリンク


那須高原へのアクセス、駐車場と渋滞、混雑情報

那須高原へのアクセスは、電車の場合、東北新幹線・東北本線那須塩原駅もしくは東北本線黒磯駅からバス「那須ロープウェイ」行きで、那須塩原駅から1時間15分、黒磯駅からは1時間です。

車でのアクセスの場合、東北自動車道那須インターチェンジから県道17号線へ、約30分程度です。

駐車場の情報ですが、バスの終点である那須ロープウェイ駐車場が最もわかりやすいと思います。

マップ

但し車でお越しの場合、駐車場は相当な混雑が見込まれます。

日曜日、朝7:40分に駐車場に到着したら既に満車という状況は珍しくないようです。

早朝5:00には那須ロープウェイ駐車場を目指す方もいるとかで、早朝に着いて早めに帰ろうとすると、今度は駐車場が空くのを待つ車や路上駐車の車の群れで混雑して、なかなかその混雑を抜けられない状況です。

他には大丸(おおまる)第一駐車場、第二駐車場があります。

マップ

地図は旅館おおたかとありますが、第一駐車場は旅館おおたかより少し手前、第二駐車場は旅館おおたかのほぼ前に位置します。

それぞれの合計で停められるのは、普通車で90台くらいですから、こちらも相当の混雑を覚悟した方がよいでしょう。

道路の渋滞情報ですが、駐車場がそうした状況ですから那須高原紅葉の時期には渋滞は避けられません。

那須高原を車で訪れる大多数の方は、東北自動車道那須インターチェンジから県道17号線を走ってくるので、とても渋滞します。

渋滞を避けるには、那須インターチェンジではなく那須高原スマートインターチェンジを利用するなど、少しばかりルートを変えてみることをオススメします。

渋滞を避けるルートの計画には、那須町のホームページがとても参考になります。

那須高原ドライブを楽しむために、ぜひ参考にしてください!

那須高原渋滞迂回路スイスイマップ(那須町ホームページ)

http://www.town.nasu.lg.jp/hp/page000000900/hpg000000895.htm

オススメのドライブコースは?

那須高原紅葉2017オススメのドライブコースですが、県道17号線(那須高原線・旧ボルケーノハイウエイ)がオススメです。

その全長は16.4キロ、那須高原を一周するコースで高原をドライブするルートなので日光いろは坂ほどではないにしても、絢香×コブクロの「ワインディングロード」を口ずさみたくなるでしょう。

那須温泉神社から殺生石を通って、「恋人の聖地展望台」へ。

那須高原は、全国で100番目の「恋人の聖地」に認定されたのだそうです。

恋人同士でドライブの際は、「恋人の聖地展望台」からぜひ愛を叫んでみてください!

ロープウェイ、ゴンドラの場所や料金について

前述のとおり、那須ロープウェイは那須高原紅葉2017の見どころとしてぜひマークしておきたいですよね!

那須ロープウェイは、茶臼岳の7合目からスタートして9合目までゴンドラで行けるので、山頂まで僅かな距離なのでとても人気です。

ゴンドラには111人が乗車可能です。

ロープウェイの料金は、大人(中学生以上)の場合往復1,800円、片道950円、こどもの場合往復900円(3歳から小学生)、片道950円です。

ゴンドラから見える風景は、那須高原の雄大な風景に加えて、活火山である茶臼岳から立ち昇る噴煙が見えます。

ロープウェイのゴンドラからならではの風景を是非お楽しみください!

防寒対策はしっかりと!

どんなに紅葉が綺麗でも寒さに震えながらの観光ではテンションが上がりません・・

せっかくですから、防寒グッズをしっかり準備してからいくことをおすすめします!

ここで、筆者おすすめの誰でも使える防寒グッズをご紹介しますので、こんな感じで準備すればよいのかと参考にしてみてください。

ノルディック柄レギンス

(画像をクリックすると詳細ページに移動します)

これは、どんな方でも似合ってしまうという優れもの。

しかも本当にあったかい。

紅葉の登山でのインナーに使うこともできますし、普段使いでも活躍する便利アイテムです。

カラーも豊富で7種類ありますのでかぶることもありませんよ(苦笑)

 

防寒シート

(画像をクリックすると詳細ページに移動します)

これ本当に必要?と思っているあなた。

これはとても便利なアイテムなんです!

秋の山で突然の雨が振ったりすると急激に寒くなります。

そんな時の緊急時にこれがあると熱を逃がさずとても暖かいです。

これは広げると畳1畳分くらいの大きさになるのですが、通常は手のひらに乗るサイズでしかも重さが50g。

アルミでできているので軽量なので登山、紅葉狩りでも荷物になりません。

災害時にも使えますので一つ家に置いておいても損はないアイテムですよ。

 

首巻きタオル

(画像をクリックすると詳細ページに移動します)

ただのタオルではなく、首に巻く専用のタオルです。

汗を吸収してくれることはもちろん、首に巻くので暖かい。

上の画像だけではよくわからないと思いますが、こんな感じになります。

タオルを入れる穴が相手いてそこに片方を挿入することでしっかり固定されます。

ランニングなど激しい運動にも対応できますので、紅葉狩りや登山でも重宝します。

また、その開いている穴のところにカイロや保冷剤を入れて使うこともできるので体温調節もしやすくなるんです。

今治の高品質タオルなので、商品の質も保証済みです!

まとめ

いかがでしたか?

首都圏から近く、標高が高く鮮やかに色づく紅葉と温泉も楽しめてドライブでは「恋人の聖地」で愛を叫ぶ「儀式」も出来ますね。

一味違った紅葉狩りをお楽しみください!

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 仮面ライダーの映画2017年夏の前売り券と特典!いつまでなのかも…
  2. 光明寺の紅葉2017年の見ごろやライトアップ情報!アクセスや駐車…
  3. 波佐見陶器まつり2017の時間や駐車場、渋滞情報!戦利品でマルヒ…
  4. 西宮のえべっさん2017!駐車場のおすすめや屋台の時間、交通規制…
  5. 大国魂神社のくらやみ祭2017!出店、屋台や交通規制は?時間や歴…
  6. 中之島 イルミネーション2016-2017の日程、時間、駐車場情…
  7. 京急ファミリー鉄道フェスタの混雑回避のポイントと駐車場の裏ワザを…
  8. 亀戸天神の梅まつり2017!開花状況やアクセス方法!屋台や見ごろ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP