お出かけ・イベント

千畳敷カールの紅葉2017年の見頃の時期と混雑のピークは?服装やアクセス、ツアー情報も紹介!

日本全国紅葉の名所はあちらこちらにありますが、「千畳敷(せんじょうじき)カール」という名前を聞いただけでもスケールの大きさを感じさせる紅葉スポットがあります。

千畳敷カールとはどんな紅葉スポットなのでしょうか。

この記事では、2017年の千畳敷カールの紅葉について、詳細な情報をお伝えします。

 

スポンサーリンク


千畳敷カールの紅葉の見どころ!

千畳敷カールは、長野県駒ケ根(こまがね)市と宮田村にまたがって位置しています。

中央アルプスの真下に氷河が広がっている窪地があるのですが、その窪地を「カール」と言います。

その大きさは「畳を千畳も広げたらこうなる」というほどの大きさなので「千畳敷カール」と呼ばれるようになりました。

しかも、車の乗り入れが規制されているので手つかずの自然がそのまま残っています。

そういう場所であるにかかわらず、駒ケ岳ロープウェイで上がることが出来て、ロープウェイの終点からは遊歩道が整備され、1時間弱くらいの散策を楽しめます。

ロープウェイから眺める中央アルプスに広がる紅葉と、氷河の勇壮さは本当に絶景というほかありません!

マップ

 

千畳敷カール2017年の紅葉の時期は?

千畳敷カール紅葉2017の見頃の時期は、中央アルプスの標高2,500メートルを越える場所にあるため、9月下旬から10月上旬とかなり早めに見頃の時期が訪れます。

見頃の時期の紅葉は本当に素晴らしい景色ですよ。


(http://koyo.walkerplus.com/detail/ar0420e12608/)
スポンサーリンク


千畳敷カール2017年の混雑のピークについて

千畳敷カール紅葉2017年の混雑のピークですが、見頃の時期になるとバス及びロープウェイ共に待ち時間は相当に長くなります

千畳敷カールはとても広いので大混雑ということにはなりませんが、見頃の時期にはバスやロープウェイの待ち時間が混雑のピークになります。

混雑のピークの待ち時間は平均すると1時間くらいになりますが、待ち時間が3時間に及んだ年もあったそうです。

午後から天気が変わりやすいこともあり、混雑のピークの時期は出来れば朝一番で訪れるのがよいでしょう

バス・ロープウェイは早朝から運行しています。

アクセス方法と駐車場情報

千畳敷カールへのアクセス方法は、電車の場合JR飯田線駒ケ根(こまがね)駅からしらび平行きのバス(伊那バス)に乗り終点へ、45分くらいです。

しらび平から駒ヶ岳ロープウェイで千畳敷まで7~8分、千畳敷で下車します。

車でのアクセスは、中央自動車道駒ヶ根インターチェンジから菅の台バスセンターまで約2キロ、3分くらいでアクセス出来ますが、そこから先は自家用車でアクセスすることは出来ません。

菅の台バスセンターの駐車場に車を停めて前述のしらび平行きのバスに乗って、あとは電車でのアクセスと同様です。

駐車場の情報ですが、菅の台バスセンターに有料駐車場があり、1,000台駐車可能、駐車場の料金は600円です。

尚、バス・ロープウェイ共に天候により運休することがあります。ご注意ください。

(http://www.kankou-komagane.com/alps/)

どんな服装で行けばいいの?

千畳敷カールの紅葉を楽しむ際には、服装についても注意が必要です。

標高2,000メートルを越える中央アルプスなので、見頃の時期が早いとは言え気温がかなり低い場所になっています。

遊歩道を散策するくらいなら、本格的な装備は必要ありませんが、霧が発生する場合があるので、かっぱやウインドブレーカーなど寒さと水滴の付着を防ぐ服装の準備は不可欠です。

服装以外の注意点では、登山用のステッキやトレッキングシューズがあれば尚よいですね。

もしどちらも無ければ運動靴でもよいですが、滑って転んだ場合を考えて、軍手を用意しておくとよいでしょう。

また、高地であるため高山病の発症が懸念されます。

体調管理及び睡眠をしっかり行ってくださいね。

オススメのツアーについて

千畳敷カール紅葉2017を楽しむには、アクセスの項でもお伝えしましたが、マイカーの乗り入れに規制があること、混雑のピーク時には朝一番で現地入りすることが望ましいため、ツアーの参加がオススメです。

現在、紅葉の時期のツアーの発表はまだないようですが、阪急交通社の「中央アルプス千畳敷カール 木曽駒ヶ岳2日間」というツアーが紅葉の時期に催行されるようであれば、木曽駒ヶ岳に近いホテルに宿泊し、朝6:00にホテルを出発するのでオススメのツアーです。

阪急交通社ホームページ
http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=31354&p_hei=10

まとめ

いかがでしたか?

中央アルプスの氷河に広がる紅葉は、他の紅葉スポットと違って一味も二味も違います。

車の乗り入れも規制されているので、紅葉は美しく空気もさぞ美味しいことでしょう。

今年の秋は、ぜひ千畳敷カール紅葉2017で楽しんでみてください!
スポンサーリンク


関連記事

  1. 西武園ゆうえんち イルミネーション 2017-2018の料金、割…
  2. ヨルナンデス 2016年は出演者と伊豆の下田へ!
  3. 東京 イルミネーション2016-2017冬!人気でおすすめのスポ…
  4. 成田山新勝寺の初詣 2017年の参拝時間や交通規制。出店、駐車場…
  5. 勝毎花火大会2017の日程やチケット、駐車場!穴場の場所取りや有…
  6. 北海道神宮で初詣!2017年の出店・露店はいつまで?混み具合や交…
  7. 世田谷パン祭り2017の場所や混雑、人気のおすすめを紹介!
  8. 船橋市民祭り2017のスケジュール日程や屋台情報!交通規制やよさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP