お出かけ・イベント

江東花火大会2017の穴場や屋台!日程や打ち上げ場所、最寄り駅、雨天情報も紹介!

今年で35回目を迎える江東花火大会は、毎年35万人もの人で賑わいます。

打ち上げ総数は4000発と少ないのですが、メイン会場から打ち上げ場所までたったの150メートルととても近く、ほかにない臨場感が楽しめる花火大会です。

今回は、江東花火大会2017について、穴場、屋台、雨天、日程、最寄り駅、屋形船、打ち上げ場所、口コミのキーワードでご紹介。

今年の花火大会は、江東花火大会2017に決定!

江東花火大会公式ホームページ: http://www.city.koto.lg.jp/101032/kurashi/komyunitei/hanabi/67.html

 

スポンサードリンク


江東花火大会2017の日程や雨天時情報

江東花火大会2017の日程と、雨天の際はどうなるのかについて見ていきましょう。

日程

開催日:2017年8月1日(火)

時間:19:30~20:30(打ち上げ開始は19:40から)

雨天の場合

小雨は決行しますが、荒天の場合は中止で順延はしません。

雨天の際は、傘やレインコート、寒さ対策できるものを持参してくださいね。

江東花火大会2017の打ち上げ場所と会場の最寄り駅について

江東花火大会2017の会場は荒川・砂町水辺公園です。

打ち上げ場所は、荒川に浮かべた台船。

そのため、打ち上げ場所から会場まで150メートルと近いわけです。

会場への最寄駅は東京メトロ東西線南砂町駅。

会場までは徒歩20分です。

打ち上げ場所から会場までが近いのがとても魅力的ですね!

ずっと見上げる形になるので、首が痛くなりそうです。

当日スムーズに行動できるように、最寄り駅から会場までのルートを予習しておきましょう。

 

スポンサードリンク


江東花火大会の穴場

江東花火大会2017に行かれる方に朗報です!穴場の情報をご紹介します。

穴場1:荒川砂町水辺公園の上側・下側

荒川砂町水辺公園はメイン会場なのですが、打ち上げ場所に近い中央を避け、上側か下側に行くとゆっくり見ることが出来ます。

午後からでも場所取りが出来るみたいです。

やっぱり近くで花火を見たい!という方は荒川砂町水辺公園の上側か下側がおススメです。

最寄り駅は南砂町で、徒歩で20分ぐらいとなります。

穴場2: 葛西橋通り付近

穴場1で紹介した荒川砂町水辺公園のずっと北側に向かうと、葛西通りがあるのですが、その葛西橋通り付近が穴場になります。

会場からそこまで遠くないため、花火が見やすい穴場スポットです。

最寄り駅は南砂町。徒歩で20分ぐらいとなります。

穴場3: 清砂大橋付近

橋の上で立ち見になります。ふらーっと立ちよった方におススメ。

ここも花火が見やすく、大きくきれいな花火が見ることができます。

ここは打ち上げ直前でも間に合うので、気軽に見たいという場合には良いです。

最寄り駅は南葛西駅。

徒歩20分ぐらいとなります。

お気に入りの穴場、見つかりましたか?

江東花火大会の屋台情報

花火大会に来て、花火以外の楽しみと言えば、屋台じゃないでしょうか?

屋台は「南砂町駅近辺の東西線の線路沿い」。

残念ながら、河川敷近くに屋台はありません。

そのため、屋台のものを食べたいなという方は先に購入したほうが良いようです。

開かれてる屋台は、昔ながらのものが多いようです。

 

スポンサードリンク


江東花火大会は屋形船で!

屋形船からみる花火、とても風流ですよね。

江東花火大会を屋形船で見るのはいかがでしょうか?

品川 船清

江東花火大会に限らず、隅田川花火大会、東京湾華火大会でも屋形船が出ています。

満員御礼になるほどの大人気だそうです。

屋形船は乗り合い、貸し切りでの利用ができます。

船宿あみ達

貸し切り花火屋形船は、30名での利用となります。料金は1名17300円。

乗り合い花火屋形船は、2名以上での利用で、料金は1名17300円。

こちらも人気な屋形船のため、早めの予約が必須です!

屋形船網さだ

屋形船網さだは貸し切りのみになります。25名以上で料金はl名15000円。

どの屋形船もとても人気がある様です!

予約はお早めにお願いします。

江東花火大会の口コミをチェック!

江東花火大会2017に行く方は、昨年いった方の口コミを参考にしてみたはいかがでしょうか?

江東花火大会2016の口コミをいくつかご紹介します。

どれも行きたくなってしまう口コミばかり…。

今年の花火大会は江東花火大会で決まりじゃないでしょうか!笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?

江東花火大会2017、打ち上げ場所から会場が近い事、そして屋形船で見られるのはとても魅力的です。

口コミも、気になるものがたくさんでしたね!

ぜひ、お誘いあわせの上、足を運んでみてください。

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 津花火大会2017の駐車場や穴場!場所や会場、屋台や交通規制情報…
  2. トミカ博 2016年は長崎で!チケット、前売り券、混雑状況をチェ…
  3. 土岐美濃焼まつり2017の渋滞や混雑は?駐車場や屋台、出店作家の…
  4. 高円寺阿波踊り2017の日程、前夜祭情報!穴場の場所取りや屋台、…
  5. ひらかたパーク イルミネーション2016 2017!混雑や口コミ…
  6. 節分の豆まきイベント2017!東京、神奈川、埼玉で芸能人に会おう…
  7. 高田公園の桜!2017年の開花予想や見ごろは?駐車場、混雑、アク…
  8. 伊勢神宮で初詣!2017年の交通規制と駐車場、アクセス方法。混雑…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP