ライフスタイル

新年の挨拶 メールの例文!ビジネスで社内、社外、お客様への返信はどうすればいいの?

平安時代後期には年賀状で新年の挨拶をしていた記録が残っていますが、現代ではその年賀状が年賀メールに変わりつつあります。ビジネスの相手や社員、お客様に顔を合わせずに新年の挨拶をするからには、相手に失礼のないような文章で出したいですね。

社内や社外でのビジネスにおける年賀メールの例文とポイント、またお客様への返信をどのようにしたらよいのか等をまとめましたので参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク



社内向けビジネスメールで新年の挨拶をする場合の例文

社内の同僚に宛てたビジネスメールの例文

 例)

あけましておめでとうございます。

昨年は一緒に仕事をしていく中で、的確なアドバイスや細やかな気配りにとても助けられました。

これからもお互い成長していけるような仕事をしていきましょう。

今年もよろしくお願いします。

文面が硬くなりすぎない言葉を選び、日頃の感謝を添えて伝えると良いでしょう。

 

社内の上司に宛てたビジネスメールの例文

例)

あけましておめでとうございます。

昨年は暖かいご指導ありがとうございました。

○○さんの仕事を拝見させていただき、一歩でも近づけるよう努力したいと感じております。

今年もご期待に添えられるよう一意専心に励んでまいりたいと思います。

引き続きご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

上司とは年明け仕事初日に顔を合わせす方がほとんどだと思いますので、しっかりと挨拶を済ませたいです。日頃の感謝とこれからの抱負を入れるとよいと思います。中にはメールで新年の挨拶を済ませることを不愉快に感じる上司もいるかもしれませんので、事前にチェックしておいたほうがよいでしょう。

 

スポンサードリンク



社外向けビジネスメールにて新年の挨拶をする場合の例文

例)

謹んで初春のお慶びを申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年も社員一丸となって取り組んでいきますので何卒ご指導よろしくお願いいたします。

メールにて恐縮ですが皆様の益々のご発展を祈願いたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

社外に向けてのメールは、初めに新年の挨拶とお礼を述べた後、取引先への感謝と今後の前向きな姿勢を表現するといいと思います。最後に営業開始日時を入れるとわかりやすいかと思います。

お客様に向けメールにて新年の挨拶と返信をする場合の例文

新年の挨拶の例文

例)

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

本年も社員一同これまで以上に皆様にご満足いただけるサービスを心掛ける所存でございますので、より一層のご指導を賜りますようお願い申し上げます。

尚、弊社は1月○日より通常営業となります。

お客様に対して新年の挨拶をメールで行う場合には、日頃の感謝の気持ちと本年度の意気込みを伝え、最後には営業日時を伝えると迷うことがないと思います。

 

メールで新年の挨拶が届いた場合、返信の例文

例)

新年あけましておめでとうございます。

○○さん、お元気そうで何よりです。年賀メールありがとうございます 昨年は色々とお世話になりました。今年もお世話になりますのでよろしくお願いいたします。

○○さんにとって良い一年になりますように願っております。

それではまた連絡いたします。

返信の場合は年賀メールのお礼と相手の近況や安否を尋ねる1文も加えると良いと思います。

まとめ

肌寒くなり、年末に向けてのカウントダウンが始まっています。ぎりぎりなる年賀状書きに焦ったことも少なくないと思います。はがきのように締め切りや時間の縛りはないですが、メールだからといっても受け取るのは人間です。「松の内」といわれる正月飾りを出しておく期間の1月7日までには、新年の挨拶を済ませておきたいものです。

年賀メールでの最低限のマナーをもって使っていきたいですね。

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 金子哲雄の嫁・金子稚子がテレビ爆報で「妻の生き方」を語る
  2. 廣瀬純 嫁の廣瀬桃子と結婚 カープ一筋の夫を支える献身妻
  3. とうもろこし 茹で方の1位はガッテン流!究極に美味しい方法を紹介…
  4. 盛田幸妃が子供や妻倫子と供に病気と闘った壮絶ストーリー
  5. 井上真央が退社、独立する理由は結婚か。価値観の変化について考える…
  6. 喪中のお正月の迎え方 花、料理、飾り、あいさつはどうすればいいの…
  7. 世界の日本人妻は見た カンボジアのカナコ 嫁いだ先で大家族に!6…
  8. ハリーポッターの声優一覧と登場人物 全シリーズを紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP