お出かけ・イベント

醍醐寺の紅葉2017年の見ごろ時期!アクセスや駐車場、ライトアップに混雑情報も!

(画像出典:http://koyo.walkerplus.com/detail/ar0726e13144/)

秋と言えば紅葉、紅葉と言えば秋、様々な楽しみに溢れる秋ですが、紅葉は何と言っても秋には拝みたいものとして、外す訳には行きませんね!

今年の秋はどこへ紅葉を見に行こうかと、今からソワソワしている方もいらっしゃることでしょう。

「どこで見ても紅葉は紅葉」と仰る方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、全国の紅葉スポットにはそれぞれの個性があり、どこで見ても同じではないのです。

日本の世界的な観光地である京都で紅葉を楽しんで、日本の美を再発見するのはいかがでしょうか?

今回は、京都市伏見区にある醍醐寺2017年の紅葉について、

  • 見頃の時期
  • アクセス方法や駐車場
  • ライトアップ情報
  • 混雑について

ご紹介します。

 

スポンサードリンク


醍醐寺紅葉2017年の見頃の時期は?

醍醐寺(だいごじ)とは、876(貞観16)年に建立され、以来綿々と1,140年に渡る歴史を持ち、何と世界遺産にも登録されているのです。これだけでも驚きですよね!

平安時代に建立された五重塔や、庭園に建っている表書院は国宝にも指定されており、これも驚きです!

京都には多数の社寺仏閣がありますが、その中でも傑出した個性が大きな特色です。

それほどまでに由緒ある寺院での紅葉はどれ程美しいのか、醍醐寺紅葉2017の見どころを一つ一つ探って行きましょう。

醍醐寺の紅葉の見頃は、例年11月中旬から下旬が見頃です。

2017年の見頃も、その時期で堅いと思われます。

京都は関西からはもちろん、西日本や関東地方からのアクセスも非常によく、見たい時に気軽に行けるのが魅力ですよね!

修学旅行で京都へ行ったことがあるという方も、紅葉の見頃の時期には新しい発見があると思います。

醍醐寺の紅葉は、11月中旬から色づき始めます。醍醐寺紅葉2017を楽しむ時期としては11月になったら早々に様々な紅葉情報で見頃の時期をチェックしましょう。

後述するライトアップは、2016年は12月4日まで行われていたので、ライトアップが終了する頃までは紅葉を楽しめる時期です。

 

醍醐寺紅葉2017 アクセス

醍醐寺へのアクセスは、バスだと京都駅から京阪バス「山科急行」で、京都駅から醍醐寺まで直通、乗り換えなしで30分というのがとても嬉しいですね!

地理に不安な方でもとても安心です。

電車でのアクセスは、京都駅からJR琵琶湖線(東海道本線)・湖西線に乗って山科駅下車、京都市地下鉄東西線に乗り換え醍醐駅下車、徒歩10分くらいです。

米原方面又は湖西線の電車など、来た電車に乗れば、京都駅の次が山科駅なので非常にわかりやすいです。

クルマでのアクセスは、名神高速道路京都東インターチェンジを下りて五条方面へ醍醐街道・旧奈良街道を進み、20分くらいです。

マップ

 

スポンサードリンク


醍醐寺紅葉2017 駐車場

醍醐寺の駐車場は100台駐車可能、駐車料金は5時間以内700円ですが、醍醐寺ホームページでは紅葉の時期の駐車場は利用可能時間が9:00~16:20分となっています。

紅葉のライトアップの時期は醍醐寺(電話075-571-0002)へお問い合わせください。

周辺の駐車場でオススメなのが、「アル・プラザ醍醐駐車場」です。

10:00~21:00まで営業していて、入庫してから2時間無料です!

以後は1時間ごとに100円加算、最大で700円です。

アル・プラザ醍醐マップ

 

醍醐寺紅葉2017 ライトアップ

ライトアップ(秋期夜間拝観)の時期については、現段階では公表されていませんので昨年の情報をお伝え致します。

2016年のライトアップは、11月18日から12月4日に行われています。

ライトアップの時間は18:00~20:50分(但し受付は20:10分まで)です。

尚ライトアップ(秋期夜間拝観)は予約制です。

日中の拝観客と入れ替わりに境内へ入ることになります。

拝観料は1,000円、団体800円です。インターネットから予約が可能です。

2016年のライトアップの予約の要項は、10月13日に醍醐寺ホームページにアップされています。

醍醐寺紅葉2017を存分に楽しむために、ぜひ10月上旬に確認してみてください。

醍醐寺ホームページ
https://www.daigoji.or.jp/index.html

 

醍醐寺紅葉2017 混雑

醍醐寺は広大な敷地に建立されているため、境内の混雑は他の紅葉スポットと比較すると緩やかなようですが、ご多聞に漏れず駐車場がとても混雑するようです。

駐車場のみならず周辺の道路、そしてバスもとても混雑するようで、混雑を避けるには地下鉄醍醐駅で下車して徒歩でのアクセスがベストです。

 

まとめ

今年の秋は、世界遺産に登録されている「醍醐寺紅葉2017」で紅葉散策と歴史散歩はいかがでしょうか。

豊臣秀吉も見たとされる紅葉の風景、きっと今まで見た紅葉とはまた格別の光景でしょう。

1,140年の歴史ロマンに思いを馳せながら、秋の思い出が出来るといいですね。

ご覧いただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 京都イルミエール2016-2017の混雑状況や口コミ、付近の食事…
  2. 魔法つかいプリキュア2016秋の映画 前売り券と特典情報!リンク…
  3. 座間ひまわり畑2017年の開花状況!アクセスや住所、駐車場、時間…
  4. 北海道神宮で初詣!2017年の出店・露店はいつまで?混み具合や交…
  5. 巾着田の彼岸花2017の開花状況や見頃!アクセス方法や駐車場の混…
  6. 桑名水郷花火大会2017の穴場や観覧席、桟敷席!駐車場や渋滞、屋…
  7. 鶴岡八幡宮の初詣 入場制限、交通規制について。駐車場の制限にも注…
  8. 谷保天満宮の梅まつり2017!開花状況や見ごろは?駐車場やアクセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP