お出かけ・イベント

太宰府天満宮の初詣!2017の出店の時間は?交通規制や渋滞、混雑を回避するアクセス方法を紹介!

日本各地には様々な初詣のスポットがあります。毎年どこに行こうか迷ってしまいますよね。

そんな方必見、私オススメの初詣のスポットをご紹介!

私オススメの初詣スポットは「太宰府天満宮」です。

今回はこの「太宰府天満宮」2017年の初詣について、「参拝時間」「出店の時間」「アクセス」「交通規制」「渋滞」「混雑回避」の視点から情報を紹介します。

と、その前に。

太宰府天満宮について少し紹介しますね。

 

スポンサードリンク



太宰府天満宮」とは?

太宰府天満宮は、菅原道真(すがわらのみちざね)の御墓所の上に社殿を建て、魂を永久にお祀りしている神社です。福岡県太宰府市にあり、「学問」「至誠」「厄除」の神様として日本全国から崇敬されています。年間に800万人もの参拝者が訪れるそうです。

都会から車や電車で30分ほどとアクセスしやすいのですが、太宰府天満宮の周りは自然豊か。慌ただしい日常から少し離れ、自然を満喫できるスポットでもあります。

では、そんな太宰府天満宮の初詣の情報を紹介しますね

太宰府天満宮 初詣 2017:参拝時間

太宰府天満宮の初詣の参拝時間を知らないことには始まりません。こちらでは今年の参拝時間を元に予想します。

【参拝時間】

  • 12月31日 6:30〜24:00
  • 1月1日〜1月3日 24時間解放
  • 1月4日 参拝の状況により閉門

今年の太宰府天満宮の初詣の参拝時間は上記の通りです。

初詣の期間中は例年このような参拝時間になっているので大幅な変更がない限り、2017年も上記のような参拝時間になると予想されます。

太宰府天満宮 初詣 2017:混雑回避

太宰府天満宮は九州各地から初詣に訪れるほどの人気のスポットです。混み具合も中々のものになります。混雑回避できれば、スムーズに参拝できてストレスにならないですよね?

混雑回避をするとなれば、12月31日23:00〜1月1日3:00は避けた方がいいでしょう。この時間帯が1番混雑します。また、1月1日〜1月3日の10:00〜15:00も年明けほどではないのですが混雑します。

混雑回避をして、落ち着いて初詣をされたい方は、上記の時間を避けた早朝や夕方の時間での参拝をお勧めします。

早朝、夕方となれば一段と冷え込む時間ですので、しっかりと寒さ対策をして言ってくださいね!

 

スポンサードリンク



太宰府天満宮 初詣 2017:出店の時間

太宰府天満宮の初詣に行ったついでに行って欲しいのが出店です。この出店の中には思いの外美味しいものがたくさんなので、ついつい出店が楽しみで言ってしまう人もいるのでは…?

実は出店の時間の詳細は不明なのですが、人が集まる時間は基本的にやっていると思って間違いないと思います。また、出店の時間や出店の出ている期間は出店ごとに違うので、確実にある3が日の期間に行くのがおお勧めです。

太宰府天満宮名物の梅ヶ枝餅や、お好み焼きを箸に巻いて焼いたはしまきが人気のようですよ!

ぜひご賞味あれ!

 

太宰府天満宮 初詣 2017:アクセス

太宰府天満宮へのアクセスをご紹介します。

【車】

■九州自動車道

・「太宰府I.C」から15分

・「筑紫野I.C」から20分

■都市高速道路2号線

・「水城I.C」から15分

【電車】

■西鉄福岡駅

・二日市駅で太宰府線に乗り換え太宰府駅下車

■JR博多駅

・JR博多駅からは直行バスが運行しています。

博多駅から45分。運賃は600円。

■地下鉄空港線福岡空港駅

・福岡空港駅で乗車し天神駅で下車。

西鉄天神大牟田線に乗り換え二日市駅で下車。

西鉄太宰府線に乗り換え太宰府駅下車。

 

参考までに、太宰府天満宮周辺の地図です。

太宰府天満宮 初詣 2017:交通規制

太宰府天満宮の初詣の期間中、太宰府天満宮周辺では交通の安全と円滑を図るため交通規制が実施されます。

【交通規制の期間と時間】

・12月31日11:00〜1月1日18:00

・1月2日、1月3日 9:00〜18:00

この期間は大変な混雑が予想されます。太宰府天満宮では公共交通機関での初詣に来る事を推奨しています。

参考までに下記の地図をどうぞ。

 %ef%bc%91

(引用:http://jafevent.jp/area/kyushu/fukuoka/road/1512_40_015_9.html)

太宰府天満宮 初詣 2017:渋滞

交通規制によって太宰府天満宮の周辺道路が渋滞するようです。この渋滞を避けるには、初詣の混雑がピークになる時間帯を避けて来る事です。

参拝者がたくさんいると言うことは、それに伴って渋滞が起きています。参拝者が少ない時間帯は、同様に渋滞も落ち着くため、初詣の混雑がピークの時間帯を避けた方が賢いです。

渋滞を避けるにも、初詣をスムーズに行うにもどちらも時間が重要になりますね。

まとめ

以上、太宰府天満宮の2017年初詣についてご紹介しました。

九州で知らない人はいないといっても過言ではない太宰府天満宮。三が日は混雑必至ですがやはりこの時期にいくことこそ初詣!という方も多いでしょう。長時間まつことを覚悟していくのもよし、空いている時間を見計らっていくのもよしです。

寒さ対策だけはしっかり準備して風邪などひかないように気をつけてくださいね。

 

スポンサードリンク







 

関連記事

  1. あしかがフラワーパークイルミネーション2016-2017の営業時…
  2. 東沢バラ公園バラまつり2017の見ごろや開花状況!入園料や営業時…
  3. 高円寺阿波踊り2017の日程、前夜祭情報!穴場の場所取りや屋台、…
  4. 濃溝の滝 清水渓流公園の場所へのアクセス方法 住所や駐車場もチェ…
  5. 堀切菖蒲園!2017年の開花情報と見頃は?アクセスや駐車場、地図…
  6. 高台寺の紅葉2017年の見頃!ライトアップの時間や混雑情報やアク…
  7. 中禅寺湖の紅葉2017年の見頃の時期は?渋滞やおすすめスポット、…
  8. 足立花火大会2017の穴場スポット!最寄り駅や屋台、混雑、場所取…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP