ライフスタイル

白川由美 若い頃の略奪婚が娘の人生に影響か

女優の白川由美さんといえば、頼れる母親役としてテレビドラマでその姿を目にする機会が多いですよね。年を重ねても清楚できれいな雰囲気は、他の役者さんにはない魅力を持っています。

そんな白川由美さんですが、実は若い頃は略奪婚で結婚されていたのです。恋愛に関しては、容姿とはうらはらに熱い情熱を秘めていたようです。

その遺伝子は、娘さんにも受け継がれているようで、娘さんの人生にも大きく影響しているのではないかと考えています。

 

スポンサードリンク



白川由美さんは若い頃に略奪婚 夫は二谷英明

白川由美さんは、1936年生まれで、1956年に映画デビューして以来、さまざまな作品に出演してきました。現在では、テレビドラマをみると、よく母親役で出演されていますよね。しかし、若い頃の白川さんは、清楚で知的な美貌からヒロインとして活躍していたのです。若い頃と今では、役どころがかわるのは当たり前ですが、ドラマなどにおける存在感は、とても大きいと思います。

白川さんは、1964年に俳優の二谷英明さんと結婚されました。

実は、世間では、「略奪婚」といわれる結婚でした。

二谷さんは、もともと長崎県佐世保のラジオ局に勤務していたのですが、そこで前妻と結婚をされています。その後、日活に入社し、俳優として生きていくことを決意。その後運命の出会いをした二谷さんは、結婚しているにも関わらず、白川さんと恋に落ちてしまうのです。

当時は、不倫という言葉がなかった時代なので、今の言葉で言うと重婚などといわれていたそうです。

その結果、二谷さんは前妻と離婚して白川さんと人生を共にする決断をします。また、上記のように1964年に結婚をしているのですが、白川さんは同じ年に第1子を出産しています。そうです、この結婚は授かり婚でもあったのです。

このような流れがあり、二人の結婚は略奪婚といわれるようになったのです。

 

スポンサードリンク



略奪婚が白川さんの娘・二谷友里恵さんの人生に影響

白川さんの若い頃の略奪婚によって、二人に対する世間の目は厳しいものがありました。

二谷さんと白川さんはこのような批判を受けること承知の上でしたが、娘にまで肩身の狭い思いをさせたくはありませんでした。それゆえ、まさに箱入り娘のような状態で育ったそうです。

そのおかげもあって、娘さんの二谷友里恵さんは、超名門校である慶応義塾幼稚舎に入学して、そのまま慶応大学を卒業されました。今では、家庭教師で有名なトライグループの代表取締役社長になるなどとても優秀な方になりました。

一方、ご両親の恋愛の情熱も受け継いでしまったようなのです。

二谷友里恵さんは、1987年、郷ひろみさんと結婚されました。しかし、その後、1998年に離婚され、2000年には家庭教師のトライ創業者である平田修さんと再婚されています。この再婚は、二谷さんが平田さんと不倫をしていたことによるものといわれています。

こういった、スキャンダラスな部分まで、白川さんのDNAを受け継いでいたのです。

ただ、二谷英明さんと白川由美さんは晩年まで仲むつまじいおしどり夫婦として知られています。

もしからしたら、白川さんにしろ、二谷友里恵さんにしろ、はじめに出会った人が単に運命の人ではなかっただけなのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク



 

 

 

関連記事

  1. リズマレー 今現在があるのは父、姉、母のおかげと感謝の日々
  2. 小田かおる、現在は脳梗塞、脳出血で半身麻痺 娘が大学を中退して看…
  3. 大晦日の過ごし方!赤ちゃんや子供と一緒の場合はどうする?
  4. 金子哲雄の嫁・金子稚子がテレビ爆報で「妻の生き方」を語る
  5. 喪中の寒中見舞い 上司への例文や友達への文例を紹介!
  6. とうもろこし 茹で方の1位はガッテン流!究極に美味しい方法を紹介…
  7. ボクシングデーとは?いつなのか由来や意味を紹介!セールは日本で開…
  8. 廣瀬純 嫁の廣瀬桃子と結婚 カープ一筋の夫を支える献身妻

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP