話題・トレンド

向山製作所 生キャラメル、ポップコーン、チーズケーキが大人気!電子工場がスイーツを作る謎に迫る

福島県大玉村にある株式会社「向山製作所」。電子部品を作っているこの会社が作るスイーツがおいしいと話題になっています。生キャラメルに、ポップコーン、チーズケーキにプリン。どれも地元福島では大人気となっていて東京にもたまに展示販売にくるほどです。

なぜ、電子部品を作っていた会社がスイーツに力をいれるようになっていったのでしょうか。その謎に迫ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク



会社をつぶさないための策としての飲食業への進出準備をしたのがきっかけ

向山製作所は、社長の織田金也さんが電子部品の製造会社として自宅で企業したのが始まりでした。当初従業員数名という規模から始まったこの会社は、現在では100名ほどの企業へと進化しました。しかし、ここまでくるのにも紆余歪曲ありました。

日本のバブルがはじけた当時、向山製作所も仕事がない状況に陥り不況を経験することになります。織田社長は電子部品の分野が将来的にだめになったときのことを考えて、みんなでお弁当屋でもやろうと考え、仕事の合間を縫って調理学校に通ったりホテルの厨房で見習いをしたりと食品事業の下積みを行っていたのです。

幸い、バブルが崩壊したつらい時期を乗り越えることができた向山製作所は、その後も電子部品部門が順調に成長することができたのです。この時期の織田社長の経験が後のスイーツへの情熱につながっていくこととなったのです。

地元を活性化させるために開発した生キャラメル

電子部品部門が順調になった後も、織田社長の食品事業への情熱は冷めることはありませんでした。

地元をスイーツで活性化させたいという気持ちも加わり、2008年にスイーツ部門を立ち上げることになりました。生キャラメルを選んだのは、スイーツとしてわかりやすかったからだそうです。独自開発にこだわったため、はじめはイメージで作り出して試行錯誤を繰り返しました。もちろんスタッフは、向山製作所の職員だったのでもともとの専門家はいない状態だったはずです。それでも、スタッフが一丸となりこだわりぬいて出来上がった商品が向山製作所スイーツ第一弾として出来上がった生キャラメルなのです。

新鮮な牛乳・生クリームを使用して、手作り無添加で丁寧な仕上がりとなっています。地元でもおいしいと評判の商品ですが、通販でも販売するようになり遠方のお客さんでも手に入れることができるようになりました。

 

スポンサードリンク



ポップコーンやチーズケーキ、プリン、店舗も増えてカフェランチもおいしいと評判に

現在では、生キャラメルだけでなく、キャラメルクリーム、生キャラメルソースプリンなども販売しています。また、工場直売もしていますが、向山製作所郡山表参道カフェや向山製作所エスパル福島店、向山製作所桑野ファクトリーなど複数店舗を展開しています。カフェメニューにはパンケーキなどもあって、どれもおいしいとひょうばんになっています。また、チーズケーキも軽くてふわふわとファンが急上昇中となっています。

福島にお住まいであれば店舗に足を運んでほしいところですが、遠方に住んでいらっしゃる方は、通販でも購入できますので、是非お試しくださいね。最後に、向山製作所スイーツの口コミや評判、感想などをご紹介します。参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. かぞくムービーAWARD2016は5月13日放送のみどころ。笑い…
  2. はじめてのおつかい 2016年5月11日放送はいつもと違う!スト…
  3. ポケモンgo 歩かない方法 歩きスマホ対策にはこれを試してみよう…
  4. 子供のいる世帯の所得格差ランキング1位はノルウェー。日本との違い…
  5. 北斗晶の現在の病状!最新11月 12月は癌転移なし!ファンからは…
  6. ミスド わらびもちサンド あずき抹茶、あずきホイップのカロリー、…
  7. 市川海老蔵の記者会見の全文 小林麻央の病名は乳がん
  8. マクドナルド テキサスバーガー 2016 のカロリー、価格、販売…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP