ライフスタイル

焼肉で下痢、嘔吐、腹痛になる原因と対策はこれ!

家で焼肉を食べるときはなんでもないのに、外食で焼肉にいくとどうもお腹に違和感を感じる・・、という方が多いようですね。ときには、下痢や嘔吐、腹痛などの症状がでるため、怖くて外では焼肉を食べられないという方もいらっしゃると思います。

いったい、なぜそのような症状が起きるのでしょうか。この記事では、下痢や嘔吐、腹痛になる原因と、その対策についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク



焼肉で下痢、嘔吐、腹痛になる原因について

まず一番考えられるのが肉の脂

家で焼肉を食べる場合はお腹は問題なく、外食などでの焼肉だけお腹の調子が悪くなって、下痢や嘔吐、腹痛があるという方は、このパターンに当てはまります。

普段家で使う肉よりも焼肉店などで使用している肉には、脂分が多く含まれていることが多いのです。

人の体では、脂を分解するために酵素が分泌されます。その分泌量は人によって様々で分泌量が少ないかたがいます。そのような方は、普段より脂分の多い肉を食べると脂の分解が追いつかなくなるという現象がおきます。これによって、腸が刺激を受けて下痢、嘔吐、腹痛の症状として現れるのです。

アレルギーの可能性も

せっかく外食で焼肉店にきたのだから、おいしいお肉を食べようと牛肉をたくさん頼んだりしていませんか?普段家では、安い豚肉や鶏肉を食べていて牛肉は食べることがあまりないという方は、牛肉アレルギーを持っていることに気づかずに、外食した際に発覚することがります。

牛肉アレルギーをお持ちの方は、多量の牛肉を食べると腸が過敏に反応して刺激と判断され、下痢、嘔吐、腹痛の症状となって現れます。

焼肉につき物のにんにくにも注意

焼肉でにんにくを使用していない家庭は、にんにくが悪さをしている可能性があります。焼肉店ではにんにくをふんだんに使用している場合があります。にんにくは滋養強壮に良いとされていますが、腸の動きを活発にする働きをもっています。腸が刺激されることによって、下痢などの症状がでることがあるのです。また、単純ににんにくアレルギーの方もいらっしゃるので同様に腹痛、嘔吐の症状を訴える方もいるのです。

 

スポンサードリンク



焼肉で下痢、嘔吐、腹痛にならないために対策について

原因はさまざまあることがわかりましたが、結局どうしたらよいのでしょうか。その対策について考えて見ましょう。

まず、牛肉アレルギー、にんにくアレルギーのある方は、それらを摂取しないようにしてください。アレルギーは、その物質が体に入ると異物として過敏に反応してしまうということなので、極力体の中に入れないような対策が必要です。あらかじめ、料理の材料を確認して食べないようにするしかありません。

脂が消化しにくい体質の方は、脂の過剰摂取にならないような対策が必要です。

たとえば、CMなどでも流れていますが、黒烏龍茶は、脂肪の吸収を抑えてくれるので、焼肉店に行くときには、携帯していくとよいでしょう。

また、事前に胃腸薬を飲んで粘膜を保護しておくというのも効果があります。

そして、焼肉店では、焼肉だけでなく、野菜やご飯などと一緒に食べるようにしましょう。そうすることで、お腹いっぱいにするための量のうち肉の脂を摂取する分が少なくなりますし、過剰な脂を摂取しなくてすむようになります。

まとめ

以上、焼肉で下痢、嘔吐、下痢になる原因と対策についてご紹介してきました。上記の対策をとれば、下痢や嘔吐、腹痛の症状がまったくでなくなるわけではありません。結局、対症療法のようなものなので、結局は過剰な脂分をとらないことが大切です。

せっかく、おいしいお肉を食べにいくのですから、体調を崩さないようほどほどに召し上がってくださいね。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. 金スマ 血管年齢が若返るゾンビ体操と池谷式朝ジュースを紹介!
  2. リズマレー 今現在があるのは父、姉、母のおかげと感謝の日々
  3. 寒中見舞いのテンプレートを無料で!2017のおしゃれでかわいい写…
  4. マタニティアルバムを手作り!人気の作り方を紹介!
  5. 大晦日の食事の伝統メニュー!地域で異なる風習を紹介!
  6. かつみさゆり さゆりが美脚でかわいいと話題に その秘訣が危険すぎ…
  7. 喪中 年賀状の返事のデザイン、例文テンプレート!切手や官製はがき…
  8. 喪中のお正月の迎え方 花、料理、飾り、あいさつはどうすればいいの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP