プレママ、妊活

デュファストンの副作用まとめ!下腹部痛や眠気、頭痛などはいつまで続く?対処法も紹介!

不妊治療や、妊娠中の流産防止の目的で、処方されることの多いホルモン剤がデュファストンという薬です。

妊娠をサポートする薬ですが、その反面報告されている副作用もたくさんあります。

眠気、頭痛、太る、下痢、便秘、出血など女性には辛い症状が多いよう。

実際にどれくらいひどいものなのでしょうか。みていきましょう。

 

【関連記事】デュファストンで妊娠した!飲み続けると基礎体温や症状は何日目でどう変わるの?

 



スポンサーリンク

デュファストンはどのような薬?

デュファストンは、ジドロゲステロンを主成分とする合成黄体ホルモン剤とよばれ、不妊治療薬のひとつです。

身体の中から自然に生成される黄体ホルモンのプロゲステロンを補う作用をします。

成分のジドロゲステロンを服用すると、体内でプロゲステロンと同じ働きをしてくれます。

黄体ホルモンのプロゲステロンは、排卵後の卵胞から分泌される女性ホルモンの一種。

体内で黄体ホルモンが増えると、子宮内膜が充実して、排卵・受精・着床しやすい環境になります。

黄体ホルモンのプロゲステロンは妊娠に欠かせません。

プロゲステロンは着床後も分泌が続き、妊娠の維持にも必須なホルモンです。

着床しやすい状態と、着床後に妊娠が維持しやすい状態にしてくれるので、流産の防止にも役立ってくれます。

だからプロゲステロンの分泌が不足がちな人に、黄体ホルモンを補ってくれるデュファストンを処方することが多いのです。

デュファストンの服用で期待できる効果とは?

デュファストンの合成黄体ホルモンが人工的に体内に取り入れられると、どのような効果を発揮するのでしょうか。

月経周期を整える

効果がある主な症状は、黄体機能の不全による生理不順・月経周期の異常・無月経・子宮内膜症などです。

妊娠するためには月経の問題を解決しなければなりません。

月経の周期を正しいものにすることで、排卵のタイミングをつかむことができるようになります。

デュファストンを一定の期間使用すると、子宮内膜が充実して厚くなり、服用を止めると生理が起こります。

これを続けることにより正常の周期に戻せるようにしていくのです。

妊娠する可能性を高くする

効果がある主な症状は、黄体機能の不全による不妊症などです。

黄体ホルモンの分泌が弱いと、そのままでは妊娠する確率が通常より低くなってしまうことがあります。

デュファストンを使用すると、一時的に黄体ホルモンが増え、妊娠する可能性が高くなります。

妊娠を継続する

効果がある主な症状は、自然流産・切迫流産・切迫早産などです。

妊娠後、黄体ホルモンは分泌量が増しますが、黄体機能不全などで分泌が少ない時に流産してしまう可能性があります。

そのような体質の人の場合、デュファストンが特に妊娠初期に使用されます。



スポンサーリンク

デュファストン使用による副作用は?

デュファストンは妊娠をサポートしてくれるありがたい薬です。

しかし、薬を人工的に体に作用させるため、やはり副作用が生じる場合があります。

一体どのような症状がみられるのでしょうか。

頭痛・吐き気・嘔吐

吐き気0.5%、嘔吐0.2%の人が感じるという報告がありました。

デュファストンは、頭痛など神経系・消化器系に副作用が多いようです。

食欲不振・太る・体重の増加・むくみ

食欲不振は0.2%の人に起こるという報告がありました。

また、女性ホルモンが整うことで、女性らしい体つきになります。

元々痩せ気味な人が太る、丸みを帯びてきた体に太ったと感じる場合があるだけで、特に副作用とはいえません。

眠気・だるさ

デュファストン服用により高温期が続くことが眠気などの原因とも考えられています。

発疹・かゆみ

発疹は0.1%未満に起こる場合があるという報告がありました。

下痢・便秘・下腹部痛・頻尿

胃腸の調子が優れなくなることもあるそうです。

下腹部痛から始まり、下痢や便秘を起こす場合もあります。

腰痛・おりものの増加・イライラ・憂鬱

デュファストンの薬の副作用ではなく、月経前症候群(PMS)の可能性もあります。

または妊娠が成立していた時に、生理開始予定日頃に腰痛やおりものの増加を感じることがあります。

妊娠超初期症状の可能性があるので、適切な時期に検査して確認しましょう。

出血

・消退出血

デュファストン服用中または服用後、子宮内膜が剥がれ落ち、生理とは違う出血が起こる場合があります。

もともと黄体機能不全が重い時こうした現象が起きますが、副作用ではありません。

・着床出血

卵子と精子が受精して、子宮に着床すると現れる妊娠超初期症状の出血です。

ただ、低確率で量もごくわずかなので普段から不正出血がある場合、見分けがつかない可能性があります。

妊娠しているか適切な時期に検査して確認しましょう。

デュファストンにはたくさんの副作用がありますが、症状が出ても一週間以内で治まることがほとんどです。

どれも体が慣れてくると落ち着いてくるのであまり心配することはありません。

ただ、あまりにも症状が辛い時には、必ず医師に相談しましょう。

デュファストンの服用を中止しても、体外に全て排出されるのは7〜8日かかるので注意が必要です。

ごく稀に、重度の症状として血栓症、心不全、アナフィラキシーショックを起こす場合があります。

デュファストンを飲んで、短時間でじんましんやかゆみが出たり、呼吸困難に陥ったりしたらアナフィラキシーショックの可能性があります。

直ちに服用を止めて医師の診察を必ず受けましょう。

また、肝臓で代謝されるため、軽度の肝機能異常が現れる場合もあります。

肝障害・肝疾患がある人は悪化する可能性があるので、よく医師と相談しましょう。

まとめ

妊娠しにくい体質の女性の、救世主的存在のデュファストン。

副作用は、ごく稀に起こる重篤なものを除けば、どれもリスクが低いものであまり心配することはありません。

デュファストンは排卵を抑えることなく、新生児への影響も認められていないといわれていて、広く活用されています。

ホルモンバランスを整えてくれて、様々な効果を期待できるので、あまり怖がらず医師の指示のもと正しく使いましょう。

 

【関連記事】デュファストンで妊娠した!飲み続けると基礎体温や症状は何日目でどう変わるの?

 



スポンサーリンク

関連記事

  1. 排卵が多いのはいつ?夜と朝はどちらが良いのか調べてみた
  2. デュファストンで妊娠した!飲み続けると基礎体温や症状は何日目でど…
  3. 排卵はどのくらい時間がかかるの?質とは関係あるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP