未分類

江戸川区花火大会2017!穴場や場所取り、有料席情報!屋台や混雑、最寄り駅も紹介!

皆さん、毎年、江戸川河川敷で行われる江戸川区花火大会をご存知ですか?

別名「エキサイティング花火」とも呼ばれ、毎年約130万人もの人が足を運ぶ、東京都内で5本の指に入るほど人気の花火大会になります。

江戸川区花火大会は、神奈川県市川市との合同開催で、名物の「5秒間1000発打ち」から始まり、8つのテーマに分かれており、各テーマに沿ったBGMで花火を打ち上げ。

打ち上げ総数はなんと14000発!遠隔操作による電気着火での打ち上げは、きめ細やかな演出をすることが出来、その演出は人々を魅了します。

江戸川区内の各施設には、花火玉を使った「ワンコインBOX」を設置。

皆さんの心意気が、江戸川区花火大会2017を盛り上げます!

今回はそんな、「江戸川区花火大会2017」について、日程、穴場情報、有料席、屋台、場所取り、最寄り駅、混雑、のキーワードで迫っていきたいと思います!

 

スポンサードリンク


■江戸川区花火大会2017!日程■

江戸川区花火大会2017の日程ですが、気が早いようで、公式ホームページでもまだ更新されていないようです…。

なので、2016年の江戸川区花火大会の日程をもとに、2017年の日程を予測してみます!

江戸川区花火大会2016の日程はこちら。

日程:2016年8月6日(土)

(悪天候の場合7日に延期。7日も打ち上げができない場合は中止)

時間:19:15~20:30

2017年の江戸川区花火大会も、8月第1週目の土曜日開催で、19:00~21:00の間での開催が予想されます。

詳しい日程は、公式ホームページが更新され次第お知らせしますね!

楽しみにしていてください!

■江戸川区花火大会2017!穴場情報、場所取り■

花火がよく見える穴場情報は知っていて損はないと思います。

江戸川区花火大会2017の穴場情報と場所取りについて少しご紹介します。

◎穴場情報1、篠崎公園◎

会場のすぐそばにある広い公園。

会場で見るのと大差変わりない花火を見ることが可能!大きな花火が見られるので、見ごたえがありますよ!

最寄駅はJR総武線「小岩駅」と、都営地下鉄新宿線「篠崎駅」。

どちらも、そこからバズを利用して「浅間神社」まで行き、徒歩4分の場所にあります。

篠崎公園の近くには24時間営業の駐車場もあるようです。

芝生に座ってゆっくりしたい人たちに人気の穴場で、2、3日前から場所取りする人も。

少し気が邪魔になる場所だと夕方からでも場所取りできる様です。

◎穴場情報2、総武線陸橋下◎

花火が十分な大きさで見られるのに、ほとんど混まないためまさに「穴場」!

ここは会場から少し離れていて、座ってゆっくりという感じではないのですが、場所取りは比較的に簡単です。

◎穴場情報3、篠崎公園から江戸川病院までの土手沿い◎

土手で花火だなんて青春だと思いませんか?笑

私個人的にはこちらをおススメします。

そんな篠崎公園から江戸川病院までの土手ですが、場所取りは当日の朝から行われるそう。

夕方にも2,3人程度なら座れる場所が残っている様なので、安心ですね!

 

スポンサードリンク


■江戸川区花火大会2017!有料席■

江戸川区花火大会2017の有料席ですが江戸川区では用意されていない様です。

合同開催の市川市側には有料席が用意されているようです。

少々値が張りますが、場所取りから解放されるので、余裕をもってゆっくり見たい人におすすめです。

有料席のチケットは「チケットびあ」、「セブンイレブン」、「サークルK・サンクス」の各店頭、「チケットぴあ」だとネットでも販売されます。

ネットの場合、無料の会員登録が必要になります。

チケットの価格は…

・桟敷席:1マス18,000円(180㎝×90㎝、定員4人・4枚)
・ペア席:1シート10,000円(150㎝×90㎝、定員2人・2枚)
・椅子席(パイプ椅子):1席6,000円(定員1人・1枚)

この様になっています。

■江戸川区花火大会2017!屋台■

江戸川区花火大会2017の屋台ですが、江戸川区側では屋台に規制がかかっているため、そこまで多くの屋台が出店されていないそう…。

篠崎駅、小岩駅、江戸川駅周辺とメイン会場に向かう途中に屋台があるそうです。

江戸川区側の会場より、市川市側の会場の方がたくさんの屋台があるようです!

花火と一緒に屋台も楽しみたい!という方は、市川市側の会場に行くことをおススメします。

出店されている屋台は、定番のたこ焼きや焼きそばをはじめ、フランクフルト、かき氷、杏子飴、焼き鳥に、イカ焼きなど様々なものが用意されています!

見て楽しんで、食べて楽しむことが出来るなんて…。

幸せですね!

 

スポンサードリンク


■江戸川区花火大会2017!寄り駅■

江戸川区花火大会2017のメイン会場への最寄り駅は、「篠崎駅」「小岩駅」です。

各駅からのルートの地図を載せてみましたので、参考にしてみてください。

◎篠崎駅◎

(画像引用:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/)

◎小岩駅◎

(画像引用:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/)

■江戸川区花火大会2017!混雑■

人気の花火大会だけあって、江戸川区花火大会2017、大変な混雑が予想されます。

車、自電車での来場は禁止され、先ほどの最寄駅から徒歩での来場となります。

混雑を避けるには早め早めに行動したほうがいいかもしれませんね。

また、17:00~22:00の間で交通規制が実施されます。

区内をはしるバスも会場を迂回したりするため、最寄り駅周辺まで電車や車、そこから徒歩がベストです。

江戸川区花火大会2016年に規制された際の地図を載せましたので、2017年の江戸川区花火大会に行かれる際に参考にしてください。

(画像引用:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/)

まとめ

江戸川区花火2017、見どころの「5秒間1000発打ち」ですが、やはり皆さん圧巻の声が上がっているようで。私も見たくて見たくてたまりません!

自称フードファイターの私は、屋台も楽しみです!

土手で好きな人と並んで、おいしいものを食べながら花火を見るなんて、いいかもしれませんよー!

今年の花火大会は、「江戸川区花火大会2017」に決まり!

 

スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP