ライフスタイル

世界仰天ニュース 加湿器 殺菌剤が韓国を恐怖へ 消費者として危機感を持つことが必要

d1f4debec25cbc3eb8c0d144387cb236_s

2016年7月20日に放送される世界仰天ニュースで、韓国で起きたある事件について放送されます。

原因不明のなぞの病気が発症し、700人もの犠牲者をだし、多くの幼児や妊婦が犠牲となりました。その原因は、子供のために買った加湿器用の殺菌剤だったのです。そして、この被害を拡大させたのが販売した企業の体質でした。

この記事で詳細をお伝えしようと思います。

 

スポンサードリンク



妊婦が肺損傷でなくなるという原因不明の不思議な病が発症

2004年ころから妊婦や幼児が肺損傷などでなくなるという不思議な病が発生しました。しかし、原因がわからず、なぜこのようなことがおきるのかが解明されませんでした。

これには何か原因があるはずだと考えた呼吸器を専門とする医師が立ち上がり調査に臨むことになりました。

しかし、呼吸器系に影響をおよぼすものは大気中の空気などですべての成分をしらべなければならず、とても時間がかかり根気のいる作業でした。苦慮した末、ある共通点を発見したのです。

それは、ある加湿器用の殺菌剤を使っていたということでした。

韓国では、一家に一台は足つきを備えるとうい他の国よりも空気に関する意識が高い国民性があります。そして、加湿器も常によい空気にするために殺菌剤を使用するのが通常となっていました。

韓国の化学メーカーが1994年に加湿器用殺菌剤をはじめて開発しました。その成分は「PHMG」と「PGH」でした。これらは、当時広く使われていて人体の皮膚に毒性が少なく、様々な用途に使われていたのです。

しかし、人の皮膚については問題なしという検証結果がでていたのですが、加湿器の殺菌剤として吸入された場合にはどのような影響があるのかは、わかっていなかったのです。しかも、悪いことにこれが体内の吸引されるとかなり高い毒性を持つも荷で、健康に害をおよぼすものだったのです。これが、判明した時点ですぐに使用停止をしていれば、ここで被害の拡大を防ぐことができたのですが、そうはならなかったのです。

 

スポンサードリンク



政府、企業、専門家がこぞって隠蔽して被害を拡大させていた

加湿器が広く使われていたこともあり、韓国政府は加湿器用殺菌剤の使用許可を出し続けたのです。科学者が安全性を保障できないとしているにも関わらずです。

もちろん企業も、加湿器の売り上げが社の中心となっているため安易に販売停止をやめるわけにはいきません。こちらはこちらで裏で手を回していた専門家教授に自分たちの都合の良い解釈を述べて使用できる方向に誘導したのです。後に、かれらは逮捕されることになるわけですが、韓国政府、販売元、専門家の意見がお墨付きを与えたうえに、殺菌剤を使わないと加湿器がきれいな状態で使えないとあおったこともあり、一般消費者は使用をやめる術がなかったことになります。

そして、一番の被害者になったのが、幼児と妊婦だったのです。一日のほとんどの時間を家ですごす幼児と妊婦は一番この有毒な殺菌剤を吸入する時間帯が長かったわけです。これによって、一番守られなければならない存在のはずの幼児と妊婦に最悪の影響を与えてしまったのです。このような、ずさんな対応が多くの犠牲者をうんでしまったのです。

幸い日本ではこのような事件はおきていませんが、同じようなことがいつおこるかわかりません。全てを把握するのは難しいとは思いますが、子供や家族を守るためにも賢い消費者になる必要があることを改めて感じさせる出来事でした。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. g 喪中 年賀状の返事のデザイン、例文テンプレート!切手や官製はがき…
  2. c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_s 焼肉で下痢、嘔吐、腹痛になる原因と対策はこれ!
  3. 33be5b0e938f88fcd553b0deafad8c2e_s この差ってなんですか ジョギングのダイエット効果は朝と夜では朝が…
  4. 1 ボクシングデーとは?いつなのか由来や意味を紹介!セールは日本で開…
  5. 276ea5d7765eb9aef938c196b3c21f9c_s 盛田幸妃が子供や妻倫子と供に病気と闘った壮絶ストーリー
  6. 0d2cbc04a951f3043b444b327160f703_s 藤井フミヤの息子・弘輝の評判 年齢の割りに博識との評価は教育方針…
  7. dbaef53380d844623ce8df2875117a1b_s バイキング家族5 寿司、スイーツ、ステーキ店!食べ放題の攻略法も…
  8. a0001_000127 麦わら帽子はいつから?日焼け防止とファッションの両面から考えまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP