ライフスタイル

金子哲雄の嫁・金子稚子がテレビ爆報で「妻の生き方」を語る

日本の流通ジャーナリストである金子哲雄さんは、肺カルチノイドという病気を患い41歳の若さでこの世をさりました。

その病と闘う金子さんの様子を、嫁である金子稚子(わかこ)さんが、テレビ番組「爆報フライデー」で激白するようです。その妻としての生き方とはどのようなものだったのでしょうか。

 

スポンサードリンク



流通ジャーナリスト金子哲雄さん闘病生活

金子哲雄さんといえば、さんまさんがMCをつとめるテレビ番組「ほんまでっか!」に出演している印象が強い方も多いのではないでしょうか。

金子さんは小さい頃からスーパーのチラシを比較することが大好きで、そこから主婦向けの流通ジャーナリストがブルーオーシャンであることに気づき、その道に進むことを決めました。

テレビに出演を始めたのは、2008年37歳頃のことです。

テレビでは、あのマシンガンのようなトークで流通や経済に関することをわかりやすく楽しく伝えてくれていました。テレビに出演するのを拝見するたびに、天職とはこういうことをいうのだなと思ったものです。

しかし、2011年6月頃、自覚症状はなかったものの、検診で自身が肺カルチノイドに罹患していることが発覚。しかも、みつかったときには手術もできない状態だったのです。しかし、仕事を生きがいとしていた金子さんは、病気が見つかった後、亡くなる直前まで仕事を続けていました。

テレビ番組に出演したときも劇やせした姿が話題になったこともありましたが、病気ではなく、睡眠時無呼吸症候群の治療のための食事療法でやせたと語って事実を隠していたのです。

自身がなくなったことの後を考えて、存命中に葬儀について準備をしていたことも話題になりました。

そんな、人に弱みを見せない性格の金子さんでしたが、やはり裏ではそれなりの葛藤があったのです。

 

スポンサードリンク



金子哲雄さんの嫁・金子稚子(わかこ)さんが語る終活の裏

金子哲雄さんの嫁である金子稚子さんは雑誌や書籍の編集者として活躍していました。しかし、夫を病気で亡くしたという経験が稚子さんの考え方を大きく変えたのです。

上記のように金子哲雄さんは、自分が長く生きられないことを自覚していたため、病気が発覚した後のことを詳細に記録していました。そして、その内容をまとめたものを出版してもらうために妻である稚子さんにその仕事を引き津田のです。それが、著書「僕の死に方エンディングダイアリー500日」という作品になって世に出回っているものです。

また、金子哲雄さんは自分の葬儀やお墓、死後どうしてほしいのかなどを生前にすべて自分で手続きや話し合いをすませていたそうです。つまり、金子哲雄さんは死後のプロデュースを済ませていたのです。

嫁の稚子さんは、指示にしたがって亡くなったあとのことを引き継いで実行したのだそうです。生前は哲雄さんとの暮らしは毎日がお祭りのような生活をだったそうです。ですので、夫を亡くしたあとは、祭りの後の静けさではないですが、ぽっかりとした虚無の感覚を味わったそうです。

家族をなくした方ならなんともいえないその気持ちがわかると思います。しかし、金子哲雄さんが死後についてプロデュースをしてやることを決めておいてくれたおかげで、一緒に行っているという感覚があったそうなのです。そのことで、夫をなくしたという寂しさや悲しみがまぎれたようです。死は終わりではない、夫はいつも自分のそばにいると感じることで妻としての行き方の方向性が定まったのです。

現在は、ライフ・ターミナル・ネットワークといういつか迎えるその日を考える会社の代表をつとめて、自身が体験したものを世間に発信しています。

そういった内容について、7月15日に放送されるテレビ番組の「爆報フライデー」で嫁の金子稚子が激白するようです。妻の生き方についてじっくり勉強させていただきたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

関連記事

  1. 入学祝いのお返しのマナーは北海道、東京、大阪、静岡、京都で違うの…
  2. 大晦日の過ごし方!赤ちゃんや子供と一緒の場合はどうする?
  3. 大橋巨泉の嫁「過剰投与がなければ」と誤投与を悔やむ
  4. 窓ガラスの掃除!かじえもんの簡単な方法を紹介!
  5. 喪中の寒中見舞い 上司への例文や友達への文例を紹介!
  6. 白川由美 若い頃の略奪婚が娘の人生に影響か
  7. 小林麻央 余命3ヶ月と腹水写真 乳がんの本当の病状とメディアによ…
  8. 大晦日の食事の伝統メニュー!地域で異なる風習を紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP