ライフスタイル

小林麻央 フライデー画像の腰をさする仕草は骨転移によるものか

小林麻央さんが乳がんで闘病中であるという衝撃のニュースがでてきてから10日ほどが経ちました。未だに、小林麻央さんの現在の病状はどのようなものなのかという話題でもちきりです。

6月17日に発売されたフライデーに、小林麻央さんが腰をさする仕草をしている画像が掲載されました。この記事により、一つの可能性として当時すでに乳がんによる骨転移があったのではないかとえられそうです。

 

スポンサードリンク



小林麻央さんが過去に腰をさする仕草をしている画像をフライデーが掲載

現在、乳がんの治療で療養中の小林麻央さん。フライデーの記事に小林麻央さんが過去に腰をさする仕草をしている画像が掲載されました。この画像は、2014年7月の頃の様子だということです。

この日は、海老蔵さんと小林麻央さんの、4回目の結婚記念日。レストランで食事を済ませた後、麻央さんだけ先にタクシーで帰った様子が画像に収められていました。この時の麻央さんは腰をさする仕草をしていたのですが、とても痛そうにしている様子だったということです。

2016年6月に行われた海老蔵の記者会見で、麻央さんの乳がんが発覚してから1年8カ月が経過したとが明らかとなりました。

つまり、2014年9~10月頃に健康診断に行って、病気を患っていることがわかったことになります。

腰をさする麻央さんの画像が掲載されたフライデーの記事内容が真実だとすると、腰の痛みが気になって、検診を受けることをきめたのかもしれません。

 

スポンサードリンク



この時すでに乳がんによる骨転移があった可能性も

今のところ、小林麻央さんや市川海老蔵さんは、乳がんのステージについて公にはしていません。しかし、腰をさする画像が掲載されてる記事に書いてあるとおり、尋常ではない腰の痛みを抱えていたということであれば、乳がんによる骨転移によるものである可能性がでてきました。

がんh進行度が高くなれば、その場所だけにとどまらず、他の臓器へ転移していくことはご存じのとおりです。多臓器への転移が認められれば、ステージとしては「Ⅳ」というもっとも高いステージになります。

乳がんの場合、骨への転移が多いのですが、。その中でも骨転移先としておおいのが、頸椎、腰椎、胸椎などの椎体が多いとされています。

骨転移があった場合、その症状としては、転移した部位に痛みが現れます。また、骨が弱くなるため骨折を起こしやすくなります。ですので、麻央さんの腰痛が本当だとすると、骨転移の症状と一致するわけです。

また、骨転移した場合、手術の適用は消極的になり、抗がん剤による延命治療が第一選択となります。このことも、現在麻央さんが、手術をせず抗がん剤治療を中心に治療を行っているという点と合致するのではないでしょうか。

まとめ

以上より、フライデーが掲載した小林真央さんが腰をさする様子の画像が痛みを伴っていたということが本当であれば、その時すでに骨転移があってステージⅣの状態にあった可能性が高いとのではないかと考えることもできるでしょう。

ただ、骨転移があった場合は、がんがゆっくり進行するといわれていることから、小林麻央さんのがんもゆっくり進行している可能性があります。その間に、よい治療薬がみつかるかもしれませんので、そのあたりを海老蔵さんと麻央さんは狙っている可能性があります。

一刻も早い回復を心から願っていますので、是非また元気な姿を見せて頂きたいと思います。

 

関連情報

・小林麻央 余命3ヶ月と腹水写真 乳がんの本当の病状とメディアによる報道ついて

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. 新年の挨拶 メールの例文!ビジネスで社内、社外、お客様への返信は…
  2. 井上真央が退社、独立する理由は結婚か。価値観の変化について考える…
  3. 廣瀬純 嫁の廣瀬桃子と結婚 カープ一筋の夫を支える献身妻
  4. 鏡餅はいつまで飾るの?北海道・東京・愛知・福岡それぞれの地域での…
  5. 小田かおる、現在は脳梗塞、脳出血で半身麻痺 娘が大学を中退して看…
  6. かつみさゆり さゆりが美脚でかわいいと話題に その秘訣が危険すぎ…
  7. 焼肉で下痢、嘔吐、腹痛になる原因と対策はこれ!
  8. 出産祝いの書き方!中袋、封筒と詳細を完全ガイド!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP