ライフスタイル

小林麻央 余命3ヶ月と腹水写真 乳がんの本当の病状とメディアによる報道ついて

市川海老蔵さんによる、フリーアナウンサーの小林麻央さんの乳がん発表から数日、未だに本当の病状はどうなっているのかと報道が過熱しています。

マスコミやネット上では、余命3ヶ月、山は8月、ホスピスへ入院したなど様々な憶測が飛び交っています。また、小林麻央さんの腹水ではないのかと思われる画像のもでまわっており、進行性がんだという病状から末期なのではないかと考えている方も多いようです。

 

スポンサードリンク



小林麻央さんと余命3ヶ月とのメディアによる報道について

海老蔵さんの記者会見の発表をみて、一番疑問に思ったのが、結局進行性乳がんのステージはどの程度なのかということでしょう。

海老蔵さんの言動からは、現在こうなっている現状から察してくださいということのようでした。なによりも小林麻央さんの現在の病状を一番理解しているのが海老蔵さんです。この記者会見の様子からは、結局余命3ヶ月だとか8月までしかもたないなどという言葉はでてきていません。すべてあくまで推測でしかないのです。

海老蔵さんの「体調が回復したら旅行に行きたい」という言葉もありましたが、これをストレートに解釈すると、回復方向に向かっているようにも感じます。

しかし、メディアでは、

旅行に行けないほどの末期なのか

余命3ヶ月位で最後の旅行のための退院なのか

などと考えている方も多いようです。

 

スポンサードリンク



小林麻央さんの腹水写真とメディアによる報道について

小林真央さんのお腹が少しふっくらしている写真がでまわっているようですが、これについても様々な憶測が飛び交っています。

はじめは、これをみて妊娠しているのではないかと思われたりもしていました。しかし、乳がんであることが明らかとなった後は、この写真は腹水写真なのではないかと考えるかたが多くなってきました。

乳がんの治療によってもお腹がでることがあったり、乳がんの末期症状で腹水写真のような体型になることが多いようです。

小林麻央さんの病状については、医師のコメントもありました。

手術ができない状況であることを考えるとかなり進行していて厳しいのではないかという見解、腫瘍部分を縮小させるための抗がん剤治療で回復の見込みがあるという見解など専門家の意見でさえ分かれています。

専門家で意見が割れるのですから、素人が判断するにはとても難しい病状であることがわかります。

まとめ

海老蔵さんは、命にかかわることなので過剰な報道は控えていただきたい旨を自身のブログで再三訴えています。いまだに、家にまで行って新しい情報をえようとしている週刊誌の方々もいるようです。仕事なので仕方ないとの考え方もありますが、海老蔵さんは記者会見までしましたし、マスコミに対する誠意はみせたのではないでしょうか。

私も含め、メディアの在り方を今一度考えなければならないと感じています。

 

関連情報

・小林麻央 フライデー画像の腰をさする仕草は骨転移によるものか

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. ますおか岡田の嫁や娘、息子も芸能人!実は優秀な遺伝子を持つ一家だ…
  2. 鈴木明子が結婚!相手は小学校の同級生 実家の和乃家で再会
  3. 井上真央が退社、独立する理由は結婚か。価値観の変化について考える…
  4. 世界の日本人妻は見た カンボジアのカナコ 嫁いだ先で大家族に!6…
  5. とうもろこし 茹で方の1位はガッテン流!究極に美味しい方法を紹介…
  6. 生姜ココアにむくみ腸改善効果!作り方レシピをフジテレビで紹介!
  7. 新年の挨拶 メールの例文!ビジネスで社内、社外、お客様への返信は…
  8. スッキリでおしりエクササイズ 松尾タカシ流トレーニングを紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP