ライフスタイル

グサッとアカデミア 6月9日で斉藤三恵子が斉藤仁の妻としての夫婦の絆を語る

2016年6月9日放送の「グサッとアカデミア」に斉藤三恵子さんが登場します。

斉藤三恵子さんは、昨年、胆管がんのためなくなった斉藤仁さんの妻。多忙を極めた斉藤仁さんの妻として、女性に刺さる幸せの秘訣を6月9日放送の「グサッとアカデミア」で語ってくれました。

この記事では、斉藤仁さんや息子さん三恵子さんの家族の絆についてご紹介していきたいと思います。
スポンサードリンク



斉藤仁さんの半生

斉藤仁さんは、1961年1月2日に青森県青森市で産まれました。

小学生の頃、テレビドラマの「柔道一直線」を見たのが柔道の世界に入るきっかけでした。今も昔もテレビの影響っておおきいですよね。恵まれた体格もあり、すぐに頭角を現して、高校、大学と柔道の名門である国士舘に入り切磋琢磨して実力を向上させてきました。

そして、1984年のロサンゼルス五輪で金メダル、1988年のソウル五輪で金メダルと初の2連覇を達成したのです。

引退後も、柔道の世界に指導者として身を置き、後進の指導に当たっていました。近年では、2020年の東京五輪に向けての全日本柔道連盟強化委員長を担うなど、日本の柔道界の発展に尽力されていました。

そんな柔道に人生をささげこれからというときの、2013年に胆管がんであることが発覚したのです。
スポンサードリンク



斉藤三恵子さん、斉藤仁さんの妻としての絆

そのような体調であったのですが、斉藤仁さんは病気のことを公にしないことにきめたのです。妻の三恵子さんもその夫の姿をみて、嘘を突き通すことを決心しました。それからも斉藤さんは、胆管がんの影響で体重が激減していました。明らかな変化であったため、周囲からも体調を心配する声が上がっていましたが、胃潰瘍だからと笑って一蹴。

しかし、妻である三恵子さんにだけは、本音を漏らしていました。「つらいな」と。このような環境の中で自分のことを抑えてでも柔道のために貢献したいという気持ちを支えていたのは、妻である三恵子さんの存在がとても大きかったのではないでしょうか。

また、斉藤仁さんと三恵子さんの間には二人の子どもがいます。長男の一郎くん、次男の立(たつる)くんともに父親の背中を見て育ったため必然的に柔道の道へと進みました。柔道の道へ進む子どもたちのためにもよい環境を整えたいという気持ちも強かったのでしょうね。

一方、支えられていたのは仁さんだけではありません。仁さんは、もちろん妻である三恵子さんや子どもたちのことも考えていました。

斉藤さん一家は、もともと東京で暮らしていたのですが、代表監督就任したころから仁さんの勤務が多忙を極めたため家にいることが少なくなっていました。そこで、三恵子さんの実家がある大阪に自宅を移して、三恵子さんや二人の子供の負担がすくなくなるようにしたのです。

そういった、お互いを支える気持ち、絆があったからこそ、うまくやってこれたのだと思います。

残念ながら、仁さんは、昨年2015年1月に亡くなられてしまいましたが、最後の最後まで、柔道家として生きることを選びました。亡くなる前日も子供たちには、自分のことより稽古にいくよう言っていたそうです。そういった親の気持ちを汲んでか、子供たちはいまでも父の背中を追いかけて猛特訓中です。

三恵子さんも夫である仁さんの気持ちを受け継いで子供たちを立派に育てることに奮闘中だと思います。そうすることが、夫である仁さんとの絆を証明する方法なのかもしれませんね。

6月9日放送の「グサッとアカデミア」では、そのあたりが詳細に放送されると思います。涙なしにはみることができないかもしれませんが、しっかりと見ておきたいと思います。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. 大晦日の過ごし方!赤ちゃんや子供と一緒の場合はどうする?
  2. 鳩山邦夫は天才 嫁・鳩山エミリや息子の学歴なども紹介
  3. 喪中 年賀状の返事のデザイン、例文テンプレート!切手や官製はがき…
  4. 金子哲雄の嫁・金子稚子がテレビ爆報で「妻の生き方」を語る
  5. 神棚の正月飾りの飾り方を画像や写真で紹介!もち、お札、お供え物な…
  6. 鈴木明子が結婚!相手は小学校の同級生 実家の和乃家で再会
  7. 手作りローストビーフの保存方法(冷凍・解凍)!保存期間は切る前と…
  8. 麦わら帽子はいつから?日焼け防止とファッションの両面から考えまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP