ライフスタイル

世界一受けたい授業 UV-A UV-Bの紫外線対策!

014164b9d0a4ad5c9808d4f19bfc8c2c_s

シミ、しわ、皮膚がんの原因となる紫外線。4月5月頃になると一気に増えてきます。

世界一受けたい授業で、紫外線対策について放送されました。紫外線には、UV-A、UV-Bの2種類あります。これら紫外線についてとその対策などをご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク



世界一受けたい授業で紫外線 UV-A、UV-Bを特集

世界一受けたい授業では、紫外線の権威である佐々木政子先生が5月からする紫外線対策ということで講義をしてくださいました。

UV-Aは太陽から地表に届く紫外線の約95%を占めています。窓ガラスを通ることもあり普段意識せずに浴びているもので生活紫外線とも呼ばれています。このUV-Aは肌の奥まで届いてコラーゲンにダメージを与えるのです。このUV-Aの量が一番多いのがまさに5月の今頃なのです。ちなみに、4月~8月までは強い状態が続きます。

一方残りの約5%を占めているUV-Bは、肌の奥までには届かず皮膚まででとまりますがその分皮膚へのダメージが強いのです。皮膚の炎症(日焼け)や皮膚がんの原因になります。

一見皮膚上では綺麗に見える肌でも、特殊な撮影装置を使うと将来シミの原因となる隠れジミが存在することがわかります。

紫外線の強さは、暑さとは関係なく5月からでも真夏に匹敵するくらいの紫外線が降り注いでいるので注意が必要です。

 

日焼けしやすいのは男性?女性?

世界一受けたい授業では質問形式で問題がでます。その質問と答えについてご紹介していきます。

冒頭の答えは、結論から言うと男性の方が日焼けしやすいという実験結果がでています。男性と女性で日焼けに必要な紫外線量を測定したところ、男性は女性よりも少ない紫外線量で日焼けするという結果になったそうです。ただ、その理由については解明されていないということです。旦那さんにも日焼け止めを塗って皮膚を守るように伝えておきましょうね。

 

肌のタイプは3種類。日焼けの仕方も異なる!

  1. すぐ赤くなりわずかに黒くなる
  2. 赤くなったあといつも黒くなる
  3. あまり赤くならずすぐ黒くなる

日本人に多いのは2番目のタイプなんだそうです。ただ、この中で一番紫外線の悪影響を受けやすいのは一番目のタイプです。2番目にタイプに比べて皮膚がんの発生リスクが3~5倍になるんだとか。もし、あなたが一番目のタイプだとしたら、普段から紫外線を浴び過ぎないように注意したほうがよいと思います。

 

日焼けをしやすいには20代?60代?

なんとなく20代のほうが紫外線の蓄積量が少なく日焼けしやすいイメージがありましがたが、実は60代のほうがい紫外線の影響を受けやすいのだそうです。年をとると肌の表皮が薄くなっていくことから、紫外線が奥まで届いてダメージを受けやすいのです。ママにとっても年齢を重ねるごとに予防することが必要になってくるということです。

 

日傘はどのくらい有効なのか?

紫外線対策としてみなさんが利用している代表的なものは日傘ですよね。ただ、どれほどの効果があるのかはまではわかりませんよね。日傘が有効な顔の位置での紫外線量を日傘をさしている時といないときで比較したところ、およそ95%のUV-Aがカットできたとの結果がえられました。ほぼ、紫外線の影響を0にできるということです。思っていた以上の効果でした。これは、日差しが強い日はしっかり日傘を差さないといけませんね。ちなみに、アスファルトなど地面からの反射が気になる方もいらっしゃると思いますが、ほとんど無視できる量でした。よって、直接態様から降り注いでくる紫外線だけを気にしておけば大丈夫です。

 

スポンサードリンク



肌を紫外線がら守ってくれる素材は綿?ポリエステル?

皮膚がんの原因となるUV-B。これを防ぐためには服を着ることが大切ですが、その素材が何であるかによって影響の度合いも変わってきます。

綿でもおよそ90%はカットできるのですが、ポリエステルはなんと100%カットできるのです。これは、ポリエステルの分子が紫外線を吸収してくれるからなんだそうです。ポリエステルは速乾性もあるので、汗をかいてもすぐに吸収してくれますし、一石二鳥ですね。

また色に関しては、黒がよいといわれていますが、実は白でも黒でもほとんど関係ないようです。むしろ、黒は熱を吸収してため込んでしまうので、夏の暑い時期に来ていると熱中症になりやすくなってしまいます。熱中症を予防するためにも夏は白い服の方がよいと思います。

 

隠れジミを減らす飲み物は野菜ジュース!

隠れジミに効果的な飲み物はにんじんベースの野菜ジュースなのです。

これは、にんじんなどに含まれるβカロテンが肌の新陳代謝を促進させることによって隠れジミを減らしてくれるからであると考えられています。実際、にんじんベースの野菜ジュース(1日200ml)を8週間飲み続けた結果、明らかに隠れジミが減少しました。

明日から早速飲み始めましょう!ちなみに、ジュースの形で飲むのが一番βカロテンの吸収率がよいそうですよ。

 

UV-Bには身体に良い作用もある!日光浴は時間帯が大切

UV-Bを浴びることは悪いだけではありません。実は、体内でビタミンDが生成されて骨を強くしてくれるのです。よって、骨粗鬆症などにならないためにも、適度に紫外線を浴びるということも大切なのです。

ここでポイントなのが、日光浴をする時間帯です。一日のうちで紫外線量が多くなるのが10時~14時頃。よって、朝10時までか、14時以降に散歩にでかけるのが理想です。15分程浴びるとビタミンD不足が解消されるということなので是非実践してみてください。

また、日光浴の際には手のひらを太陽に向けるとよいそうです。手のひらにはシミの原因となるメラニンがほとんど存在しません。よって、身体は木陰に入りつつ手のひらだけが紫外線を浴びるようにすれば完璧です。ちょっと人に見られると何をしているんだと不思議がられるかもしれませんが、肌の為には恥を捨てましょう(笑)

 

まとめ

以上が、世界一受けたい授業で佐々木政子先生が紹介した紫外線対策の内容になります。これから、ますます日差しが強く感じ紫外線量が多い日が続いていきます。肌の為にもしっかりと準備と対策をしていきましょう。いつまでも綺麗なママでいたいですからね。

 

関連記事

・世界一受けたい授業 隠れジミを減らすのは○○ジュース!紫外線対策もしっかりと。

スポンサードリンク



関連記事

  1. %ef%bc%91 スペアリブをオーブンで!焼き方、焼き時間、温度を管理して簡単に柔…
  2. c090c7ecda104cd6d4cfeeda29275222_s 小田かおる、現在は脳梗塞、脳出血で半身麻痺 娘が大学を中退して看…
  3. 73eb04b04b26d00a3d9536adb7dc0b7e_s とうもろこし 茹で方の1位はガッテン流!究極に美味しい方法を紹介…
  4. 7f331a0c745ac38be5057373db9e03a4_s 関東 梅雨入り・梅雨明け2016年の最新予想!
  5. 5b580930a335bd5018d3312efc0d0a51_s スッキリでおしりエクササイズ 松尾タカシ流トレーニングを紹介
  6. a0001_000127 麦わら帽子はいつから?日焼け防止とファッションの両面から考えまし…
  7. 276ea5d7765eb9aef938c196b3c21f9c_s 盛田幸妃が子供や妻倫子と供に病気と闘った壮絶ストーリー
  8. eb0e2efc66df583157c5c141db001f91_s ルミネのセール2017!夏、冬の時期はいつ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP