ライフスタイル

井上真央が退社、独立する理由は結婚か。価値観の変化について考える

女優の井上真央さんが、所属事務所を退社して独立することが明らかとなりました。その理由は一体何だったのでしょうか。

一部では結婚することによるものではないのかという憶測がとんでいるようです。女性は結婚を意識すると価値観が変化すると言われていますが、井上真央さんもそうなのでしょうか。

 

スポンサードリンク



井上真央さんが所属事務所を退社して独立へ!その理由とは。

井上真央さんと言えば、大河ドラマで主演を演じていたのが記憶に新しいところですが、なんと現在所属している「セブンス・アヴェニュー」を退社して独立するという報道がでました。所属事務所とはすでに話がすんでおり、事務所側も了承しているとのこと。

井上さんは現在29歳になり、30歳を前に心機一転したいとう理由で独立を決意したということです。現在のところ、独立後に他の事務所に所属するのか、個人事業としてやっていくのかまでは、明らかとなっていませんが、独立という表現をしていることから、引退する可能性は低いのではないでしょうか。

ただ独立を決めた理由はそれだけではないのではないかと思います。

井上さんといえば、ジャニーズ嵐の松本潤さんとお付き合いをされているという噂があります。本人たちが認めている訳ではないですが、あらゆる週刊誌が二人の仲を報じていることからほぼ間違いないと思われます。

そして、お付き合い期間もかなり長くなっており、結婚間近なのではないかと言われています。よって、今回の退社、独立の理由も結婚を意識してのことだと考えられるのです。

女性は、結婚を意識すると価値観が変化するといわれています。その点が影響しているのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク



結婚を意識すると女性の価値観が変化する!

結婚を意識すると大きく二つの点で価値観が変化します。

子供について考えるようになる

やはり、一番大きい部分は子供についてだと思います。独身時代でも考えることはあるでしょうが、それでもぼんやりとしたイメージのことが多いでしょう。

しかし、結婚をすると世間的にも子供ができても問題がなくなるため、リアルに考えるようになるのです。子供を産むのかどうか、産むとしていつ・何人産むのかなど人生設計が始まります。もし、産むとしたらなるべく早い内に産みたいでしょうから、気持ちに焦りもでてくることも。

もし、井上さんも結婚を意識しているのであれば、やはり子供のことは気になるはずです。そうなると、仕事をセーブして妊活準備に入るということも選択肢としてあるでしょう。

家族が一番大切になる

もう1点は、家族が中心となるということです。独身時代は仕事を最優先にしてきた方でも、家庭を持つと仕事だけのことを考えていればよいわけではなくなります。子供ができたら尚更です。自分だけを大切に考えてきた思考も、旦那さんや子供のことを優先に考えるようになるのです。

松本潤さんとの噂が本当で結婚するとした場合、やはり松本さんの仕事的に仕事を優先しなけらばならない立場にいる方だと思います。嵐というグループとして行動しなければなりませんし、なによりファンを大切にしなければなりません。

そうなると、将来的に井上さんが中心となって家庭を守っていくという流れになると思います。事務所を一度退社することによって独立という形にしておけば、今までの井上さんの仕事のしがらみを取り払うこともできます。

以上のような、価値観の変化を考えると井上さんが所属事務所を退社、独立する理由がすけてみえるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、井上さんが松本さんと結婚することを前提にした場合の価値観の変化について考えてみました。あくまで、退社、独立の理由が結婚であるというのは、憶測の域をでませんのでご了承ください。
ただ、ある芸能記者は、お二人の仕事が落ち着く夏以降に結婚の発表があるのではないかと予想しているようです。今後のお二人の動きに注目していきたいと思います。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. 喪中 年賀状の返事のデザイン、例文テンプレート!切手や官製はがき…
  2. 堀越勸玄がスマスマ出演!麻央似でかわいいと話題に!
  3. 小林麻央 余命3ヶ月と腹水写真 乳がんの本当の病状とメディアによ…
  4. がっぱ先生 子役 キャストを紹介!ロケ地での熱演でドラマに貢献!…
  5. ホンマでっかTV 生まれ順で人生がかわる!性格、職業、恋愛にまで…
  6. 中学高校の部活動の休養日の是非 教師、生徒、親の立場から考えてみ…
  7. ボクシングデーとは?いつなのか由来や意味を紹介!セールは日本で開…
  8. 日向燦 宝塚退団後は自由が丘のメロンパンアイス店長へ。子供4人を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP