お出かけ・イベント

お中元の時期 2016はいつからいつまで?両親に感謝の気持ちを伝えましょう!

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

2016年、今年もお中元の時期が近づいてきました。普段子育てに関してご両親に手伝ってもらったり相談にのってもらったりしてお世話になっているママがほとんどでしょう。そんな日頃の感謝の気持ちを伝えることができるのがお中元です。

ただ、今までお中元を送ったことのない新米ママさんもいることと思います。いつからいつまでの間に贈れれば良いのか、何か注意点はあるのか、いろいろとわからない点があると思いますので、そんな方の為にお中元についてまとめてみました。参考にして頂けたらと思います。

 

スポンサードリンク



 

2016年のお中元を贈る時期はいつからいつまで?

 

お中元には、適切な贈る時期があります。お中元を贈る時期は、日本全国一律というわけではなく、地域によっていつからいつまでなのかが若干時期が異なることから注意が必要です。ただ年によって変わるものではないので2016年であるとか年号をきにする必要はありません。以下にそれぞれの地域におけるお中元を贈る時期になります。

 

お中元を贈る時期
地域 時期
北海道 7月中旬から8月15日まで
東北 7月初旬から7月15日まで
関東 7月初旬から7月15日まで
北陸 7月初旬から8月15日まで
東海 7月中旬から8月15日まで
関西 7月中旬から8月15日まで
中国 7月中旬から8月15日まで
四国 7月中旬から8月15日まで
九州 8月1日から8月15日まで
沖縄 旧暦の7月15日まで

 

地域によって、いつからいつまでに贈ればよいのかについて1カ月程度の違いがでてくる場合があります。少し解説を加えていきます。

北海道・・・7月15日~8月15日と1カ月間の比較的長めの期間になるので余裕があります。

東北・関東・・・7月1日~7月15日までと期間が短めで時期も早いです。贈る時期に注意しましょう。

北陸・・・その中でも地域によって贈る時期がかわってきます。基本的は7月1日から7月15日のとことが多いようですが、一部で7月15日~8月15日のところもあるので事前にしっかり確認しておくことをお勧めします。

東海・関西・中国・四国・・・7月15日から8月15日までとこちらも比較的長めの期間になります。

九州・・・8月1日~8月15日と少し遅い時期になります。他の地域に比べてゆっくりめですね。

沖縄・・・基準が少しことなり旧暦にあわせます。2016年も旧暦の7月15日を確認して贈るようにしましょう。

以上、各地域によるおおまかな時期をまとめました。ただもちろんその地域によって若干の違いはでてきます。また、最近は全国的にそお中元を贈る時期が早くなってきているようです。その地域にあるお中元の贈り物が売っていそうなデパートやスーパーに行って時期を確認しておくとより確実だと思います。時期が過ぎてしまったということのないように注意してくださいね。

 

スポンサードリンク



 

お中元を贈る際の注意点

 

金額について

では、お中元を贈る時期が確認できたところで次は金額です。あまり高価なものを贈ってもご両親に気を遣わせてしまいますし、逆に安すぎるのもどうかと思います。ある統計(2014年)によると、

  •    3000円未満   15%
  • 3000円~4000円 37%
  • 4000円~5000円 30%
  • 5000円~8000円 15%
  • 8000円~10000円 1%
  • 10000円以上       2%

という結果になっています。3000円~5000円位が相場だということがわかります。2016年もそれほどかわるこはないでしょうから、これくらいを目安に贈るものを準備するとよいでしょう。

 

もらって喜ばれるお中元とは?

時期がきたからといってなんでもいいから贈ればよいというわけではありません。せっかく贈るのですから、両親や相手方に喜ばれるものにしたいですよね。といっても、どのようなものがよいのか迷ってしまう方もいると思います。そんな方のためにデータをご紹介したいと思います。

  • 1位 商品券・カタログギフト
  • 2位 ビール類
  • 3位 ハム・ソーセージ
  • 4位 お菓子
  • 5位 コーヒー・お茶類
  • 6位 果物
  • 7位 調味料
  • 8位 海産物
  • 9位 洗剤・石鹸・入浴剤
  • 10位 缶詰・保存食品

やはり、自分のほしいものが手に入ると言うことで商品券・カタログギフトがダントツで人気があるようです。

他のものは順位はついていますが、それほど大きな差があるわけではありません。2016年も例年と同様、ここに挙がっていないものでも、相手のほしいものがわかっていればそれを贈ってもよいと思います。

 

まとめ

 

お中元を贈る時期は、いつからいつまでなのかが地域によって異なります。相手方の地域の慣例にそって贈るようにしてください。せっかく感謝の気持ちを込めて贈ったのに、時期を間違えて常識のない嫁だなんて印象をもたれては悲しいですからね。2016年もしっかり準備をして頂きたいと思います。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. 2242f080bc521b5283b76100cb55fe9c_s ヨルナンデス2016 北海道の函館でグルメを満喫できるスポットを…
  2. 1 熱田神宮 初詣 2017の交通規制は?参拝時間や期間、混雑状況、…
  3. 1 バレンタインナイト2017!時間やチケット購入方法!JCB、ロー…
  4. ec1cb8a1c35e56e127f281131fe7b154_s 肉フェス静岡会場は駐車場がない!駿府城公園周辺の駐車場情報を紹介…
  5. %ef%bc%91 青谷梅林の梅まつり2017!開花状況や見頃、駐車場、アクセス方法…
  6. b 巾着田の彼岸花 2016 開花状況の現在は?アクセス方法や駐車場…
  7. 1 成田山新勝寺の初詣 2017年の参拝時間や交通規制。出店、駐車場…
  8. a48ec91394add32680287e60ffb7bd39_s 肉フェス 静岡の前売り・VIPチケットの入手方法!混雑を回避して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP